芝草研究
Online ISSN : 1884-4022
Print ISSN : 0285-8800
ISSN-L : 0285-8800
移行地帯への寒地型芝草導入の可能性
ハーレイ R.
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 17 巻 1 号 p. 75-82

詳細
抄録

日本の気候帯を3つに区分し, それぞれの地帯に適する芝草の種類を挙げた。このうち「移行地帯」とは寒地と暖地に挾まれた地帯 (第2図) で, 暖地型の日本シバも寒地型芝草も, 両方栽培可能な地帯である。しかし日本シバは, ゴルフをはじめ各種スポーツの盛んな秋から晩春まで, 5~7ケ月間は休眠して葉が褐色に変るばかりでなく, ひどい傷害を受けて毎年補修しなければならない。
スポーツ・フィールドに使われている寒地型芝草 (ペレニアルライグラス, トールフェスク, 細葉フェスク類, ラフストークメドウグラス, クリーピングベントグラス, ケンタッキーブルーグラス) の主な特性と適応地帯について述べた。
また, 日本芝の上に寒地型芝草をオーバーシーディングして“常緑芝生”をつくる利点と播種方法を述べ日本で成功している12のゴルフ場を紹介した。

著者関連情報
© 日本芝草学会
前の記事 次の記事
feedback
Top