芝草研究
Online ISSN : 1884-4022
Print ISSN : 0285-8800
ISSN-L : 0285-8800
芝ソッド生産・造成システムに関する研究 (I)
―機械適応性の高い芝ソッドの栽培資材―
渡辺 兼五龍 吉生藍 房和B.K. HUANG東城 清秀近藤 三雄
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 21 巻 2 号 p. 159-166

詳細
抄録

芝苗の栽培に適し, 芝苗の収穫, 運搬および移植など一連の作業の機械扱い適応性の高い芝苗栽培資材について実験研究を行った。試作ウレタンフォーム, 砂, パーライト及びロックウールの保水性と透水性を把握したうえで, 芝苗栽培の比較実験を行い芝苗の生育, 芝ソッドの機械扱い適応性について検討した。
1.試作ウレタンフォームは, 保水性についてはパーライトと同レベルの高い飽和含水率を有し, 透水性については砂とパーライト以上に優れており, 芝草の生育に適すると考えられた。
2.芝苗の地上部の生体重, 乾物重ともに, 4供試資材実験区間に顕著な差は認められなかったものの, 試作ウレタンフォーム実験区の芝苗が最も緻密で, 緑の色度が最も大きかった。
3.試作ウレタンフォーム実験区の芝ソッドの引張強度と剪断強度ともに他の実験区より大きい値を示し, その質量は最も小さく, 砂の場合の1/3弱であり, 機械扱いに最適であると判断された。

著者関連情報
© 日本芝草学会
次の記事
feedback
Top