画像電子学会研究会講演予稿
セッションID: 14-03-39
会議情報

皮溝抽出による肌解析
*坂下 京柊高橋 裕樹
著者情報
キーワード: 肌のキメ, 画像処理, 皮溝
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

近年では,紫外線など肌に対する刺激が与える肌への影響の知識は多くの人に浸透している.したがって,多くの人が肌の手入れを行っており,社会では様々なスキンケア商品などが開発されている.一方,手入れに気を使うことが刺激を与える原因となって,肌を傷つけている場合もある.肌の状態を判断する際には,シミやそばかすなど肌の様々な要素を対象にして行われる.中でも美容専門家の多くが,皮溝と皮丘から形成される肌の表面模様,すなわちキメに注目して肌状態を診断している.本論文では,接写レンズとスマートフォンを用いて肌のキメの画像を撮影する.また,メイクアップ道具であるアイライナーを用いて皮溝に色付けを行う.そして,撮影した画像を使用し,エッジ強調および皮溝抽出を行うことによって,領域面積を算出し,肌解析を行う手法を提案した.

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 画像電子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top