画像電子学会研究会講演予稿
画像電子学会第285回研究会講演予稿
セッションID: 17-04-001
会議情報

スリット加工を用いた板材の湾曲制御に基づく形状設計支援
*大垣 雅人遠藤 結城金森 由博三谷 純
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

木などの硬い素材を滑らかに曲げる手法として、素材にスリットパターンのカットを施すものが知られている。しかし、カットを施した素材の物理的な特性をシミュレーションすることは困難である。そのため、設計した曲面が実際に制作可能かどうかを判定することが難しい。そこで本研究では、カットを施した素材を曲げることで得られる曲面の形状に着目し、曲面設計を行う手法を提案した。本研究では、事前にスリットパターンのカットを施した単純な構造を用意し、制作可能な曲面形状を計測する。これにより、スリットパターンのカットを利用した、滑らかな曲面を持つ立体構造を対話的な操作で設計可能となった。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 画像電子学会
次の記事
feedback
Top