バイオメカニズム
『バイオメカニズム』は隔年発行(偶数年)です.

『バイオメカニズム』は,バイオメカニズムシンポジウムで発表された研究の中から,厳正な査読を経て「研究としての完成度ならびにバイオメカニズムらしさ」が高く評価された研究論文集です.

学問としてのバイオメカニズムは,その実体としての生物を工学・医学・生物学などの多面的な視点と方法論で解析するだけでなく,人工関節や福祉機器の開発,舞踊・スポーツや機能不全・介護動作の評価・改善などに応用することに特徴があります.また,動物の構造や復元など、純粋に生物の巧みさを解明する理学的側面も持っています.バイオメカニズム学会とは,要するに,生物の形態や運動に魅了され,あるいはそれを新たな発想に役立てようとする,好奇心旺盛な人々の集まりで,発足から50年近くたってもなお,分野も年齢も広く分散したサロン的雰囲気を保っています.

もっと読む
収録数 673本
(更新日 2022/05/25)
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
ISSN-L : 1348-7116
ジャーナル 査読 フリー
最新号のすべての記事を見る
月間アクセス数ランキング (2022年04月)
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
発行機関からのお知らせ
  • ■ 第27回バイオメカニズム・シンポジウム in 浜名湖
    【日程】2022年 8月30日(火)~9月1日(木)
     
    【場所】
    THE HAMANAKO -DAIWA ROYAL HOTEL-(静岡県 浜松市)
    【大会長】金 承革(
    常葉大学)
    【テーマ】
    筋のサイエンス再構築に挑む
    【大会HP】http://sobim-conf.com/s2022/


    ■ 第43回バイオメカニズム学術講演会 ~Webサイト準備中~
    【日程】2022年11月26日(土)~27日(日)
    【形式】対面・オンラインのハイブリッド開催を予定
    【場所】東北大学星陵キャンパス(宮城県県仙台市)
    【実行委員長】永富良一(東北大学)

feedback
Top