J-STAGE トップ > 資料トップ

日本デザイン学会研究発表大会概要集
日本デザイン学会 第64回春季研究発表大会

山口 真由美, 宮之下 さとみ, 原田 由美子, 藤満 幸子, 山田 クリス孝介, 渡辺 健太郎, トム ホープ, 小早川 真衣子, 須永 剛司

公開日: 2017年06月29日

A1-01

岩倉 正司, 塩瀬 隆之, 元木 環

公開日: 2017年06月29日

A1-02

三野宮 定里, 原田 泰

公開日: 2017年06月29日

A1-03

当事者デザインの可能性と課題
- デザイン教育の課題を通して見えてくる可能性-

両角 清隆

公開日: 2017年06月29日

A1-04

当事者デザインのためのデザイン原理
World Museum Projectの実践を例に

宮田 義郎, 原田 泰, 上芝 智裕

公開日: 2017年06月29日

A1-05

市民に開かれた学会活動のデザインプロセス
~在るがままに在るデザイン―第7回日本デザイン学会第1支部大会を事例として~

横溝 賢, 夏坂 光男, 千葉 智美, 冨田 奈津美, 原田 泰

公開日: 2017年06月29日

A1-06

多様な当事者が参加するデザイン活動を活性化させるためのスケッチ活用に関する考察
協創促進手法「クルクルスケッチ」を活用したワークショップの参加者アンケート結果から

福田 大年, 中野 颯, 岡本 誠

公開日: 2017年06月29日

B1-01

地域再生を目指したリアルメディアのデザイン
小美玉市 空のえき「そ・ら・ら」の地域体験まつり

李 殷貞, 渡 和田

公開日: 2017年06月29日

B1-02

鈴木 英怜那, 野内 彦太郎, 林 剛平, 佐藤 研吾, 橋本 紗友里, 渡辺 崇徳, 国枝 歓

公開日: 2017年06月29日

B1-03

公務員の政策資料の視覚化における当事者デザイン支援の研究
内閣人事局との政策資料の視覚化プロジェクトを通して

富田 誠, 越尾 淳

公開日: 2017年06月29日

B1-04

リビングラボの方法論的特徴の分析
日本におけるリビングラボ事例の調査を通じて

赤坂 文弥, 木村 篤信

公開日: 2017年06月29日

B1-05

齋田 萌, 木村 健一

公開日: 2017年06月29日

B1-06

議論を深める視覚化ツールとしての手書き図解
アクティブラーニングを促す討議スタイルの分析

渡辺 衆, 田丸 恵理子, 大谷 千恵

公開日: 2017年06月29日

C1-01

山内 雅貴, 原田 泰

公開日: 2017年06月29日

C1-02

学びの活動を振り返るための観察ツールの開発
ダイナミック・ダイアグラムよる出来事を捉える基本単位の設定と分析に関する試み

植村 朋弘

公開日: 2017年06月29日

C1-03

赤羽 亨, 池田 泰教

公開日: 2017年06月29日

C1-04

Co-design を起こす「活動を基盤としたデザイン」の成り立ち
看護の仕事の新しいかたちを探求するプロジェクト

小早川 真衣子, 須永 剛司, 平野 友規, 山田 孝介, 丸山 素直, 渡辺 健太郎, 西村 拓一

公開日: 2017年06月29日

C1-05

梁 元碩, 荒山 莉穂, 白 雲豪, 延 明欽

公開日: 2017年06月29日

C1-06

ワークショップにおける記録と省察
ドキュメンテーションムービーの制作とワークショップデザイン

福崎 千晃, 曽和 具之, 池本 和弘

公開日: 2017年06月29日

D1-01

デザイン、街に出る 5: 旅するデザインの道具としてのドキュメンテーション
活動の視覚化、省察、共有、発信のためのスクライビング手法

原田 泰

公開日: 2017年06月29日

D1-02

インフォグラフィクスとしてのデータベース・インターフェイスデザイン
日本のメディアアート文化史データベースでのインターフェイスデザイン

関口 敦仁, 田中 良治, 高橋 裕行, 細谷 誠

公開日: 2017年06月29日

D1-03

松元 真菜, 齋藤 美絵子

公開日: 2017年06月29日

A2-01

沿岸地区における避難誘導システムに関する基礎調査
福井県高浜町和田地区をケーススタディとして

藤田 和秀, 吉村 朋矩, 三寺 潤, 池田 岳史

公開日: 2017年06月29日

A2-02

山内 暢人, 出原 立子

公開日: 2017年06月29日

A2-03

田中 大貴, 山崎 和彦

公開日: 2017年06月29日

A2-04

景観情報の空間的表現に関する研究
映像メディア技術を用いたインタラクティヴな表現手法の創出

山本 努武

公開日: 2017年06月29日

A2-05

山下 万吉, 桃田 稔也, 鎌田 芳弘

公開日: 2017年06月29日

A2-06

地域コミュニティにおいてパーソナルメディアが担う新たな公共性
プロジェクト「Film Cycle(フィルムサイクル)」を例として

池側 隆之, 佐原 理, 松本 篤

公開日: 2017年06月29日

B2-01

医療領域を対象としたサービスデザインの試み(1)
シナリオ・プランニング手法を取り入れた未来のまちづくり共創活動

稲舩 仁哉, 長田 純一, 吉橋 昭夫, 浜崎 千賀, 亀田 佳一

公開日: 2017年06月29日

B2-02

吉橋 昭夫, 長田 純一, 稲舩 仁哉, 浜崎 千賀, 亀田 佳一

公開日: 2017年06月29日

B2-03

永田 翔香, 山崎 和彦

公開日: 2017年06月29日

B2-04
B2-05

介護保険のサービス選択を支援するツールの開発(2)
支援ツールのデジタルプロトタイピング

中本 和宏, 佐々 牧雄

公開日: 2017年06月29日

B2-06

長野 彩乃, 山崎 和彦

公開日: 2017年06月29日

C2-01

加藤 怜, 山崎 和彦

公開日: 2017年06月29日

C2-02

市川 毅, 山崎 和彦

公開日: 2017年06月29日

C2-03

サービスデザインの手法を用いた患者中心型医療の構築に関する研究
前立腺生検における入院時の説明ツールの作成

磯谷 周治, 吉橋 昭夫, 吉田 光治, 堀江 重郎

公開日: 2017年06月29日

C2-04

八城 朋仁, 迎山 和司, 原田 泰

公開日: 2017年06月29日

C2-05

臼井 花奈, 佐藤 弘喜

公開日: 2017年06月29日

C2-06

観光地案内アプリ制作によるICTデザイン教育
ICT教育として奈良「名勝 依水園」を案内するアプリを開発する「ココニワ」を高校生と大学生が共同で研究制作を行った。

三浦 剛, 松下 征悟

公開日: 2017年06月29日

A3-01

産官学連携プロジェクト型教育による地域企業のデザイン支援
「久留米織」の企画開発とブランディング

佐藤 佳代, 青木 幹太, 楠本 幸裕, 石川 弘之, 井上 友子, 佐藤 慈, 荒巻 大樹, 星野 浩司

公開日: 2017年06月29日

A3-02
A3-03

地域社会での実践的デザイン教育について(2)
学生を地域社会に直接送り出す方式の可能性

伊藤 真市

公開日: 2017年06月29日

A3-04

林 秀紀, 村木 克爾

公開日: 2017年06月29日

A3-05

益岡 了, 林 秀紀, 中原 嘉之, 谷本 尚子, 川合 康央, 池田 岳史

公開日: 2017年06月29日

A3-06

プロジェクト型デザイン教育の実践
-福祉・介護ロボットの研究・開発を事例として-

青木 幹太, 榊 泰輔, 田代 雄大

公開日: 2017年06月29日

B3-01

フィールドワーク教育における「場」の選定による観察行動への影響
平成25年度から平成28年度に実施した講義科目「デザイン人類学」のフィールドワークを事例として

板垣 順平, 大坪 牧人

公開日: 2017年06月29日

B3-02

井上 友子, 青木 幹太, 佐藤 佳代, 佐藤 慈, 星野 浩司, 荒巻 大樹

公開日: 2017年06月29日

B3-03

藤田 茂

公開日: 2017年06月29日

B3-04

グラフィックレコーディング習得のために必要な視覚文法
プロジェクトで生まれる齟齬をグラフィックレコーディングで解決できる人を増やすために

清水 淳子

公開日: 2017年06月29日

B3-05

269件の該当記事より1~50件を表示しています。

システムメンテナンス

  • システムメンテナンスのため、以下の時間帯にサービスを停止させていただきます。
    平成29年
    10月1日(日) 10:00 ~ 17:00
    ※作業終了次第時間内でもサービスを再開いたします。

詳細

J-STAGEからのお知らせ

  • 2017年09月14日
    2017年8月22日、25日、31日に開催したJ-STAGE新画面インターフェース切替・利用規約改訂説明会の資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
    ※説明会動画を追掲載しました。(2017年9月14日)
  • 2017年08月28日
    2017年8月28日 1:50頃より一時サービスを停止しておりましたが
    2017年8月28日 10:08頃にサービスの再開を行いました。
    ご利用の皆様には大変御不便をおかけして申し訳ございませんでした。
  • 2017年08月23日
    2017年8月1日に開催したJ-STAGEセミナーの資料を掲載いたしました。(詳細はこちら)
  • 2017年07月31日
    Yahoo!JAPANのOpenIDサービス終了に伴い、My J-STAGEでは、以下のOpenIDを利用したログイン機能を2017年8月26日をもって終了いたします。
     ・Yahoo!JAPAN IDでログイン
     ・livedoor IDでログイン
     ※以後はMy J-STAGE IDにてログインしてください。
  • 2017年07月31日
    2017年8月下旬に J-STAGE新画面インターフェース切替・利用規約改訂説明会を開催します(詳細はこちら)
  • 2017年07月03日
    2017年7月2日 8:06頃より一時サービスを停止しておりましたが
    2017年7月2日 19:12頃にサービスの再開を行いました。
    ご利用の皆様には大変御不便をおかけして申し訳ございませんでした。

バックナンバー

ジャーナルツール

この資料を共有