記号学研究
『記号学研究』は、記号学の発展および現代の文化や社会における記号現象の解明に寄与する研究成果の公刊を目的としています。
人文科学・社会科学・自然科学・芸術と、学術のほとんどすべての分野に横断的にかかわりながら、自由にさまざまな領域に記号現象を見出し、新しい理論を形づくっていく冒険の場です。
年1回(11月)、公刊予定です。
もっと読む
  日本記号学会 が発行
収録数 4本
(更新日 2024/02/25)
Online ISSN : 2758-8580
ジャーナル 査読 フリー
月間アクセス数ランキング (2024年01月)
このページを共有する
過去の巻号を選ぶ
発行機関からのお知らせ
  • 叢書セミオトポス17『生命を問いなおす: 科学・芸術・記号』、発売中です。
    機械生命論、分解と発酵の記号論、オートファジー論、メッセンジャーとしてのウイルスなど、記号学会ならではの視点から生命観に転換を迫ります。
    新曜社
    https://www.shin-yo-sha.co.jp/book/b628272.html
feedback
Top