詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "エリトリア"
149件中 1-20の結果を表示しています
  • 金津 昭治
    農業土木学会誌
    1994年 62 巻 3 号 248
    発行日: 1994/03/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 島田 周平
    アフリカ研究
    2013年 2013 巻 83 号 73-76
    発行日: 2013/12/31
    公開日: 2014/04/16
    ジャーナル フリー
  • 武内 進一
    アフリカ研究
    2011年 2011 巻 79 号 56-58
    発行日: 2011/12/31
    公開日: 2014/01/25
    ジャーナル フリー
  • 石原 美奈子
    アフリカ研究
    2001年 2001 巻 59 号 85-100
    発行日: 2001/12/10
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    エチオピアは, 1991年以降エチオピア人民革命民主戦線 (EPRDF) 政権の下, 民族自決に重きをおいた形で地方分権化を進めてきた。そして, 93年にエチオピア最北部のエリトリアが分離独立を達成した後, 95年の新憲法でEPRDF政権は連邦民主共和制を導入し, 構成州に大幅な自治権を付与した。本論文は, 98年から99年にかけて筆者が実施した州政府機関関係者とのインタビュー調査にもとづいてエチオピアにおける地方分権化の方向性と進捗状況について報告し, その現状と問題点について指摘するものである。現在行われている地方分権化は「民族」を主体とし, 基本単位とするものである。70を越える民族をかかえるエチオピアにおいて民族問題は, とくに60年代以降国内情勢の不安定化をもたらす最大要因となってきた。論文では20世紀以降のエチオピアにおける民族問題と民族自決権に関わる議論, 及び各政権下での地方自治のあり方について整理した後に, 現政権の民族問題への対応と地方分権化の現状について報告する。
  • 濱田 浩美, 上村 三郎
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013a 巻 P003
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/03/14
    会議録・要旨集 フリー
    ナイル川は全長6,650kmの河川長を有する世界第1位の河川であり、流域面積は3,254,555km2である。スーダン領内におけるナイル川は大きく白ナイル川と青ナイル川及びアトバラ川の3河川に分類される。また、ナイル川流域には上流からタンザニア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、コンゴ民主共和国、南スーダン、ケニア、エチオピア、エリトリア、スーダン、エジプトの11ヶ国が含まれている。青ナイル川はエチオピアのタナ湖に源を発し、スーダンのハルツームで白ナイル川と合流する。白ナイル川の水源はブルンジ南部のルヴィロンザ川とされており、この川はカゲラ川と合流しヴィクトリア湖に流入する。その後、白ナイル川はウガンダ、南スーダン、スーダンのハルツームで青ナイル川と合流する。また、アトバラ川はエチオピアに水源を有し、この水源はタナ湖に隣接している。
    ナイル川には河口から2,000km以上の中流域に、数多くの中洲が分布している。これらの中洲の形成に大きく寄与しているのは青ナイル川とアトバラ川から運搬された土砂であり、両方の河川でナイル川全体流量の90%が供給されている。ただし、スーダンおよびエチオピアでは新規ダムの建設や既存ダムのかさ上げ工事が実施中であり、今後、これらの大規模ダムに粘土・シルト分が堆積するため、下流域への土砂供給量が減少すると考えられる。 そこで本研究では、粘土・シルト分を推定するための指標である濁度に注目し、ナイル川流域の各浄水場から水質分析結果を入手するとともに、今後の中州形成に影響を及ぼすと考えられるスーダンおよびエチオピアのダムの概要を調査した。
  • 阪本 拓人
    国際政治
    2010年 2010 巻 159 号 159_72-86
    発行日: 2010/02/25
    公開日: 2012/06/15
    ジャーナル フリー
    The Inter-Governmental Authority on Development (IGAD), which consists of seven countries around the Horn of Africa, is one of the least recognized regional organizations in the world. In fact, in the small amount of literature dealing with this organization, it is quite common to depict it as a dysfunctional organization where conflicts and mistrust among the member states have hampered its proper functioning. It is even referred to as a ‘perfect example’ of a paralyzed organization. Given that the Horn has hosted many inter-state, as well as intra-state conflicts, such a harsh judgment might seem plausible.
    In this article, a somewhat different view is suggested. By exploring various aspects of IGAD—its activities, motivation of the member states, their relations with each other and with the outside world—, it draws attention to the often overlooked roles of this organization, especially its utility for the survival of the governments of the member states.
    First of all, IGAD is by no means a paralyzed organization. Tracking its record of activities reveals that member states have quite frequently gathered at regional meetings. Many of them have actively been involved in diverse activities such as mediations in civil wars in Sudan and Somalia, as well as building a regional conflict early warning system.
    These activities are consistent with the urgent needs of the countries in the Horn, that is, regime survival in the context of a more or less fragile state. At the same time, however, these endeavors in IGAD do not necessarily entail deepening regional cooperation, much less integration, among the member states. While they have been trying to expand their cooperation in many fields, including mutual dialogue, conflict resolution, and even collective military action, these have been pursued mostly in an ad hoc manner and their effects remain very limited.
    With its stated objective of integration a distant possibility, what aspect of IGAD could ensure its continued existence? The article illuminates the valuable link this organization provides, that is, the link with the wider international society. IGAD can be considered as a sort of forum where member states mobilize various extra-regional actors (AU, EU, UN, donor countries, etc.) for the survival of their own regimes. In fact, the countries in the Horn not only obtain external resources through IGAD, but also raise collective voices there, urging the international community to take specific policies that are conductive to strengthening their domestic rule.
    Although the responses from outside the region have scarcely been as much as was expected, they can be helpful for the countries in the Horn, which have been struggling in desperate material and political conditions.
  • 益子
    地学雑誌
    1922年 34 巻 5 号 293
    発行日: 1922/05/15
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
  • 豊田 俊雄
    比較教育学研究
    1996年 1996 巻 22 号 201
    発行日: 1996/06/15
    公開日: 2011/01/27
    ジャーナル フリー
  • 杉浦 勝明
    獣医疫学雑誌
    1998年 2 巻 2 号 77-78
    発行日: 1998/12/20
    公開日: 2010/05/31
    ジャーナル フリー
  • 蔀 造勇
    オリエント
    2006年 49 巻 2 号 133-146
    発行日: 2006年
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    The route from Adulis to Aksum must have been the most important in East Africa in ancient times. Adulis was the most important town on the coast and Aksum was the center of a rather important empire, starting about the time of Christ and lasting until the eighth or ninth century.
    What was the course of the route from Adulis up into the mountaneous country of what is now Ethiopia and Eritrea? The Periplus of the Erythraean Sea refers to a location named Koloe, a city ‘that is the first trading post for ivory’ and says ‘from Adulis it is a journey of three days to Koloe.’ This article seeks to identify the location of Adulis and its harbor Gabaza, and to locate the route from Adulis to Koloe. The author analyzes historical sources and archaeological data. The information obtained from his field survey is also used to explain some topographic problems.
    The conclusions of this paper are as follows:
    1. The equation of Adulis of the Periplus with a site situated some 1km to the northnorthwest of the modern village of Zula is acceptable.
    2. Didoros Island of the Periplus of the first century was situated on the same spot as Gabaza mentioned in the 6th century sources.
    3. Some 5km to the southeast of Adulis site are some hills named Gamez 100 years ago, but now known as Gala/Galata. Didoros Island is identified with one of these hills and Gabaza harbor must have been situated at the foot of it.
    4. There has been major coastal change in the area. For this reason the island of Didoros approached by a causeway in the first century was situated on the shore in the sixth century and it lies now as a hill some 1km away from the shore.
    5. The course of the route from Adulis to Koloe identified with modern Qohaito must has been through the Wadi Komaile rather than the Wadi Haddas.
  • 阪本 寧男
    化学と生物
    1969年 7 巻 8 号 492-497
    発行日: 1969/08/25
    公開日: 2009/05/25
    ジャーナル フリー
  • 花谷 厚
    アフリカ研究
    2007年 2007 巻 71 号 63-71
    発行日: 2007/12/31
    公開日: 2012/08/13
    ジャーナル フリー
    本稿においては、2003年のODA大綱改定において日本の二国間開発援助政策に取り込まれた「人間の安全保障」概念のアフリカにおける実践、とりわけJICA事業を通じた実践経験に基づき、アフリカのコンテクストにおける「人間の安全保障」が要請する援助のアプローチとはいかなるものであるかについて考察する。アフリカにおいてなぜ人間の安全保障が大きく損なわれる様な状況が生まれているのか、そのような状況をもたらすアフリカの国家や社会の特性とはいかなるものかということについて、援助の現場で得られた経験を基に考察した上で、アフリカにおける「人間の安全保障」実現のために、援助(とりわけ二国間開発援助)に何が求められるかということについて検討する。アフリカの「人間の安全保障」の問題は、本質的にアフリカ国家の性質と国家一社会関係のあり方の課題に起因するものであると規定できる。したがってその対策としては、脆弱な状況にある人々に対し直接的にその生存確保や能力形成を支援したり、さらにまた国家の側から住民に対し社会サービスという形で保護を与えたりするだけでは十分ではない。アフリカ国家の機能不全の構造的背景を踏まえれば、アフリカ国家の基本的機能の是正を行うことが不可欠であり、それを通じて人々を国家やフォーマルな市場に対しより積極的にコミットさせ、国家一社会関係のあり方を変えていくことが必要である。
  • 佐野 康子
    国際政治
    2004年 2004 巻 139 号 159-174
    発行日: 2004/11/29
    公開日: 2010/09/01
    ジャーナル フリー
  • 青木 一能
    国際政治
    2000年 2000 巻 123 号 110-126,L14
    発行日: 2000/01/28
    公開日: 2010/09/01
    ジャーナル フリー
    In the 1990s after the end of the cold-war, the African Continent has been covered by a current of political democratization and economical liberalization. It can be said that most African states have experienced a second independence because of these structual changes of potlitical and economical regimes. However, these structual changes have created social unrest and violent clashes between the peoples in many African states. As a result, Africa has had many internal conflicts in the 1990s.
    Therefore, the current spate of African conflict is precipitated by a crisis of political legitimacy in the African state, and the need to manage change and provide transition to a stable state with responsible and legitimate government. African leaders began to think in innovative institutions to manage the continent's challenges, particularly internal conflict. In accordance with them, the Organization of African Unity (OAU) and a number of regional organizations in particular faced new challenges as Africans and others pressed them to take on more responsibilty for managing conflicts and the cosequent humanitarian crisis.
    In this article, I have tried to refer to the establishment and development of the Mechanism for Conflict Prevention, Management and Resolution (MCPMR) of the OAU. At the June 1993 summit in Cairo the OAU approved the creation of the mechanism which is oriented as an operational arm of the secretary general with the advice of the newly created Central Organ to provide legal authority between OAU summits. Since the establishment, this mechanism has worked for ten conflicts in Africa though its effects were not so functional and effictive because it has the many limitations of OAU charter, and scarce funding. Therefore, the mechanism has to resolve many problems in the near future. If African states are able to resolve them, its mechanism will be very functional and it is the most important institution for managing conflicts in Africa. The purpose of this article is to refer to the development and problems of the OAU mechanism for managing conflicts.
  • 上村 三郎, 濱田 浩美
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013a 巻 603
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/03/14
    会議録・要旨集 フリー
    ナイル川は全長6,650kmの河川長を有する世界第1位の河川であり、流域面積は3,254,555km2である。ナイル川流域は大きく分けて白ナイル川と青ナイル川及びアトバラ川の3河川に分類され、上流からタンザニア、ブルンジ、ルワンダ、ウガンダ、コンゴ民主共和国、南スーダン、ケニア、エチオピア、エリトリア、スーダン、エジプトの11ヶ国に流域を有する国際河川である。青ナイル川はエチオピアのタナ湖に源を発し、スーダンのハルツームで白ナイルと合流する。白ナイル川の水源はブルンジ南部のルヴィロンザ川とされており、この川はカゲラ川と合流しヴィクトリア湖に流入する。その後、白ナイル川はウガンダ、南スーダン、スーダンのハルツームで青ナイル川と合流する。 通常、河川は上流から下流にかけて、浸食、運搬、堆積作用により独自の地形を形成する。特に中洲や三角州は河川の下流域に発達しており、河川長の短い日本の河川ではこの傾向が特に顕著である。しかしながら、ナイル川には河口から2,000km以上の中流域に、数多くの中洲が分布している。
     2. 調査方法 ナイル川に数多く分布する中洲を調査するためには、Google Earthの利用が効果的である。本研究では、Google Earthでナイル川を、エジプト国境から南スーダン及びエチオピア国境まで往復し、衛星画像を調査した。また、本研究では、自然条件上の観点から「沖積層で形成された中洲」と「岩盤中洲」、土地利用上の観点から「集落+農地の中洲」、「農地のみの中洲」、「未開発の中洲」に分類し、その数を集計した。そして、数は少ないものの、実際に住民が居住している中洲である2島(Tuti島とGezira Aba島)を訪問し、その実態を調査した。 その結果、ナイル川本流には予想以上の中洲が点在していることが判明した。
    3.
    調査結果 表1には、今回の調査対象であるナイル川本流及び支流の区間距離と自然条件及び土地利用別に分類した中洲の調査結果を示した。各河川の調査区間に関して、ナイル川河口からスーダン最北端の都市であるワディ・ハルファまでは1,460km、同じく河口からハルツームまでは2,848kmとなっており、その区間距離は1,388kmに及んでいる。また、ナイル川本流と合流するアトバラ川からエチオピア国境まで720km、ハルツームからエチオピア国境の青ナイル川までは672km、ハルツームから南スーダン国境の白ナイル川までは496kmと、どの河川も日本の河川とは比較にならない程の河川延長を有している。 表1からも明らかなようにスーダン国内のナイル川流域には906ヵ所の中洲が存在している。しかも、その内の88%はハルツームから下流のナイル川本流に分布していた。自然条件による中洲の分類では、沖積層が418島、岩盤の中州が488島となっており、いずれもナイル川本流に集中している。また、青ナイル川には沖積層の中州が多い半面、白ナイル川では岩盤の中州が主体となっている。ナイル川最北端の支流であるアトバラ川には中洲の絶対数が少なくなっている。 一方で、中洲の土地利用を分析した結果、97ヵ所(全体の約11%)の中洲に集落と農地が形成されていることが判明した。集落を有する中州はナイル川本流に集中している他、白ナイル川とアトバラ川にも僅かながら存在している。これに対して青ナイル川によって形成された46島には全く住民が居住していない。また、ナイル川に形成されている中洲の52%(501島)は未開発であり、農地のみの中洲も34%(308島)となっている。このようにスーダン領内のナイル川には大小様々な中洲が形成されているものの、土砂運搬量の大きな青ナイル川とアトバラ川に大規模なダムが建設中であることから、今後の中洲の形成に大きな影響が出てくるものと考えられる。
  • 柘植 洋一
    オリエント
    1993年 36 巻 1 号 71-88
    発行日: 1993/09/30
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    The aim of this paper is to examine linguistic characteristics of the inscriptions written in South Arabian alphabet and found in Ethiopia. They are first attestations of the language situation of pre-Aksumite Ethiopia.
    A. J. Drewes has advanced his hypothesis concerning the language of those inscriptions. He divides them into two groups according to the linguistic differences they manifest. Group I, as he calls it, is written in more or less pure Sabaen, whereas the language of the group II has many characteristics of their own, and he thinks that they were written by native Ethiopians.
    Our main purpose is try to describe linguistic features of the inscriptions in detail and find mutual relations of the features. Then we will proceed to investigate Drewes' hypothesis and demonstrate that the existence of group II can be ascertained and that the language was not used only for writing, but also for everyday use. They wrote their mother tongue which shared some characteristics with Geez.
    This is to say that the native people was not under strong pressure of Sabaens, which fact is also supported by recent archaeological findings from the time when those inscriptions were drafted. Although it is certain that there was symbiosis of the Ethiopians and Sabaean immigrants, the latter was a minor group then.
  • 橘 隆一
    森林科学
    2014年 70 巻 28-29
    発行日: 2014/02/01
    公開日: 2017/07/07
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 庵原 宏義
    農業土木学会誌
    2002年 70 巻 11 号 967-968
    発行日: 2002/11/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 熊澤 治郎吉
    大日本窯業協會雑誌
    1938年 46 巻 549 号 485-486
    発行日: 1938/09/01
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 小林
    地学雑誌
    1922年 34 巻 5 号 293a-294
    発行日: 1922/05/15
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top