詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "一番堀通町"
11件中 1-11の結果を表示しています
  • 川上 義和, 太田 保世
    日本内科学会雑誌
    1994年 83 巻 9 号 1570
    発行日: 1994/09/10
    公開日: 2008/06/12
    ジャーナル フリー
  • 片田 敏行, 末政 直晃, 佐藤 恭孝, 長野 正
    地震工学研究発表会講演論文集
    1997年 24 巻 793-796
    発行日: 1997年
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    地震による, 砂地盤の液状化に起因する側方流動が原因と見られる杭基礎の被害が多く発生している. その結果, 上部構造物にも被害が生じている. そこで, このような杭基礎の被害を防ぐことが, 構造物の耐震性を高める上での急務となっている. 本研究では, 側方流動対策として, 杭体周辺に構築した連壁の効果を明らかにするために遠心模型実験を行った. この実験では, せん断土槽内に設置した上層が液状化しやすい緩い砂層, 下層が液状化しにくい密な砂層より成る2層飽和砂模型地盤を用いた. この模型地盤に対して杭基礎模型を補強しない場合, 連壁で補強した場合について遠心加振実験を行い, その補強効果を調べた. その結果, 連壁が非液状化層に根入れされている場合に, その効果が確認された.
  • 福崎 紀夫, 冨永 泰子, 貴船 育英, 田村 良三, 丸山 隆雄, 篠田 佳実, 堀井 一雄
    地球化学
    1983年 17 巻 1 号 10-15
    発行日: 1983/05/30
    公開日: 2016/11/22
    ジャーナル オープンアクセス
    In order to study mercury emitted from Minamijigokudani, Mt. Myoko which locates south-west of Niigata Prefecture and its influence, fumarolic gases, condensates, air, rocks and soils were collected and analysed. The average value of mercury concentration in fumarolic gases, condensates and air were 0.93 mg/m3, 10 ng/ml and 0.49 μg/m3 respectively. It was estimated that the quantity of yearly mercury output was 0.5-2 kg by analytical results of fumarolic gases and its volume, 0.8-3 kg by analytical results of air and stream of fumarolic gas. To know the sphere of the influence of fumarolic gas mercury concentration in barks and leaves of Betula Ermani were analysed as an indicator and it was found that the sphere was within about 1000m along valley from fumaroles.
  • 谷中 隆明, 菅井 隆一, 稲垣 芳久
    大気汚染学会誌
    1979年 14 巻 10 号 434-440
    発行日: 1979/10/20
    公開日: 2011/11/08
    ジャーナル フリー
    About an automatic analyzer for atmospheric fluoride by the method of fluoride ion slective electrode, an analysis of static and dynamic characteristics and a few errors about measurement system (electrode, amplifier and recorder) was shown in comparison with one hour and three hours of sampling time. On the basis of these analysis, the instrumental error of two apparatus measured in an air polluted region was considered. As a result, it was appeared in a part of these data that the instrumental error can't explain only by the drift of the characteristics of measurement system. This suggests that sampling system (Teflon tube, filter and alkali coated spiral tube) sometimes lead to error.
    For measurement of atmospheric fluoride under the level of 1 ppb, counterplans of improvement in accuracy which can be done easily are to set a compensation device for variation of temperature and to exchange the recorder which is linear about concentration for that which is linear about electrode potential.
    Further, decrease of flow rate from setting value by drop of pressure in flow meter which lead to error about any measured value must be correct by change of span balue of recorder or others.
  • 熊澤 治郎吉
    大日本窯業協會雑誌
    1939年 47 巻 563 号 582-585
    発行日: 1939/11/01
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 水田 恒樹
    日本建築学会計画系論文集
    2012年 77 巻 672 号 481-486
    発行日: 2012/02/29
    公開日: 2012/03/07
    ジャーナル フリー
    This paper is to reconstruct the urban space of early Niigata which lay on the left bank of the Shinano River in the first half of the seventeenth century. For this purpose, the methodology of historical geography is applied to compare three maps. The first is the illustrated plan of early Niigata drawn at an unknown time, the second is the eighteenth century map of Yorii village which relocated to where early Niigata used to be and the third is the current map of the same area. The results of this study are as follows:
    1. Two existing pathways are identified as those of early Niigata.
    2. The modern canals of this area are identified as the left stream of the Shinano River in the period of early Niigata.
    3. The dune formed before the fourteenth century is identified as the hill on which the oldest part of early Niigata used to be.
  • 若月 和人, 齋藤 優, 阿部 和久, 紅露 一寛
    土木学会論文集F1(トンネル工学)
    2015年 71 巻 3 号 I_1-I_10
    発行日: 2015年
    公開日: 2016/03/31
    ジャーナル フリー
     構造物や民家に近接して発破掘削を行う場合,切羽外周部あるいは中央部にスロット,すなわち自由面を形成する制御発破(以下,自由面発破と呼ぶ)が行われるケースがある.自由面発破を実施した場合,発破振動を大幅に低減できることが知られているが,その効果について定性的かつ定量的な議論はほとんどなされていない.自由面発破における動的破壊と振動の挙動が明らかになっていないことと,これらを適切に評価できる数値解析手法が確立されていないためと考えられる.
     筆者らは個別要素解析にもとづいた動的破壊と振動とを評価する解析手法を提案している.本研究では,自由面発破の合理的な設計を目的として,コンクリート試験体を用いた発破実験により実現象としての破壊挙動を明らかにするとともに,数値解析手法によりその再現解析を試みることで,解析手法の妥当性について検証した.
  • 高村 浩彰, 石田 能康, 若月 和人, 三宅 拓也, 小林 真人
    土木学会論文集F1(トンネル工学)
    2012年 68 巻 3 号 I_81-I_89
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/03/29
    ジャーナル フリー
     本報告では,発破振動に起因する居室内ならびに坑外(野外)での固体伝搬音に関する予測式を構築した結果について報告する.さらに,複数のNATMトンネル現場における測定結果と比較することで,固体伝搬音の特性を把握した.
     検討の結果,小土被りなど切羽から地表面までの距離が短く,地表面までの振動伝搬経路において硬質な地盤かつ不連続面が少ないと想定できる場合は,発破振動に起因した固体伝搬音の発生が危惧されることを把握した.ただし,発破振動の卓越周波数帯が低い場合には,体感振動(振動レベル)だけが問題となることもわかった.さらに,発破振動に起因した固体伝搬音の管理方法等について検討した.
  • 池田 裕一, 椎谷 成孝
    土木情報利用技術論文集
    2008年 17 巻 71-82
    発行日: 2008年
    公開日: 2011/12/20
    ジャーナル フリー
    開水路網の中に開水路のみでなくさらに小さな開水路網をも含むような, 再帰的な開水路網モデルをオブジェクト指向プログラミングの手法で構築し, Java 言語で実装した. 具体的には,「開水路網」と「開水路」オブジェクトとの関係にコンポジットパターンを適用して, 再帰的構造をモデル化した. そしてブリッジパターンを応用して, 開水路網の構造と計算機能を分離し, モデルの汎用性と再利用性を高めた. このモデルの適用例として, 不定流計算のプログラム例を示した. さらに, XML の再帰的な文書構造を応用した開水路網の記述方法を提案し, それにもとづいて計算機上に開水路網を再構築し, その結果をXML 文書として出力できるプログラムが, 容易にコーディングできることを示した.
  • 古田 精市
    日本内科学会雑誌
    1994年 83 巻 9 号 1430-1438
    発行日: 1994/09/10
    公開日: 2008/06/12
    ジャーナル フリー
  • 山崎 久美子, 森田 眞子, 大芦 治
    心身医学
    1993年 33 巻 6 号 501-507
    発行日: 1993/08/01
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    Recently attention has been focused on the daily living habits and environment which provide people with the background for falling ill. It is necessary to consider changing one's life style and self-care in the direction where individuals pay more attention to how they live to preserve their physical and mental health. The purposes of this study were to measure the quality of health behaviors of university students, to classify the 20 items of the health behavior check list into the some factors by using the factor analysis technique, and to clarify the effect factors (explanatory variables) on the health behaviors of four subgroups obtained. The results were as follows : The health behavior score was significantly higher in females than in males (p<0.0001). The health behavior score was significantly higher in those who often consulted their doctors than in those who had no medical examinations during the past one year (p<0.05) . As a result of factor analysis from the data of 310 university students (203 males and 107 females), four factors- "health care", "well-regulated life", "rest", "food life"-were extracted. Furthermore, in an attempt to investigate the relationship between four health behaviors as subgroups and 12 health-related dimensions, the result of multiple regression analysis revealed that several health-related dimensions had direct effects on the four health behaviors of university students. These results suggest that the kind of attitudes and environment they develop will enable them to promote their daily health behaviors.
feedback
Top