詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "国家有機体説"
67件中 1-20の結果を表示しています
  • 河村 又介
    日本學士院紀要
    1968年 26 巻 1 号 1-11
    発行日: 1968年
    公開日: 2007/05/30
    ジャーナル フリー
  • 栗城 壽夫
    法制史研究
    1978年 1978 巻 28 号 288-292
    発行日: 1979/03/15
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
  • 沼田 健哉
    社会学評論
    1983年 34 巻 2 号 200-202
    発行日: 1983/09/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 原田 哲史
    経済学史学会年報
    1995年 33 巻 33 号 175
    発行日: 1995年
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
  • 金子 茂
    教育学研究
    1978年 45 巻 4 号 339
    発行日: 1978/12/30
    公開日: 2009/01/13
    ジャーナル フリー
  • 前谷 和則
    史学雑誌
    1984年 93 巻 3 号 334-351,418-41
    発行日: 1984/03/20
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー
    Lujo Brentano (1844-1931) has been considered as a prominent leader of the liberal social reformers in the Verein fur Sozialpolitik. However, in an apparent contradiction to it, he proposed a compulsory trade union plan at the Mannheim conference of the Verein in 1905. In this paper, through close analyses of Brentano's publications and letters, I re-examine his shifting ideas on trade unions from his essay in 1871-72 to the Mannheim conference in 1905, and shed new light on him as an eminent figure in the constellation of intellectuals in the Imperial Germany. In Die Arbeitergilden der Gegenwart (1871/72), which gained a public applause for the first time, were expounded two theories side by side : the state organism theory and the supply-demand theory about labour. The latter derived from liberalism, whereas the former belonged to German traditional conservative thought. Brentano argued that the trade unions, just as the gilds used to be so, should cover all workers and be integrated in the state organism. But the supply-demand theory allowed the existence of the organization which consisted only of skilled labourers. Brentano, therefore, had to wait till the spontaneous organization of the unskilled, not to speak of the skilled, came to a maturity. However, he could not always wait till the spontaneous growth of trade unions. He actually proposed the organization from above (i.e. by state) in 1872 and 1888. But in both cases, he quickly returned to his earlier faith in spontaneity. The seven-men commission, representing four unions, during the Ruhr miners' strike in 1905 captured Brentano. He considered that the commission covered virtually all mine workers and the time had come for the state to integrate unions at last. He therefore proposed the compulsory trade union plan. This plan should be interpreted as an inevitable consequence of the theories in his Arbeitergilden. Thus Brentano cannot be regarded as a single-minded liberalist, nor a simple conservative. He was firmly based upon German intellectual tradition. In order to reach his ultimate organic goal, he would take liberal means if possible.
  • 藤裔 常行
    地理学評論
    1932年 8 巻 1 号 75-78
    発行日: 1932/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 森滝 健一郎
    水資源・環境研究
    1987年 1987 巻 1 号 34-47
    発行日: 1987/04/25
    公開日: 2009/04/22
    ジャーナル フリー
    地理学は"自然と人間との関係"を中心的研究課題とする"環境の科学"たることを自認してきた。では地理学はその伝統を生かして現今の環境問題によく対処しうるであろうか。近代地理学の"本流"をたどってみると,"自然と人間との関係"の把握は,先ず,そこに神の摂理に導かれた調和をみようとするロマンチシズムから始まった。次に,これに代えるにダーウィニズムをもってする自然科学的一元論とそれに根ざした自然決定論が登場した。"自然"と"人間"との間に本来の"歴史"を挿入しようとするかにみえる見解も一定の有力な地歩を占めたが,そこでも社会科学的・歴史科学的立場が貫徹されたわけではなく,環境と人間との関係が"生態学"の枠にとじこめられてしまった。以後も,景観論的・擬似生態学的な見解からする社会科学忌避の傾向が根強い。これが克服されない限り,人文地理学は現実の環境問題の本質にとうてい迫り得ないであろう。
  • 太田 和敬
    教育学研究
    1979年 46 巻 1 号 21-30
    発行日: 1979/03/30
    公開日: 2009/01/13
    ジャーナル フリー
  • 岡田 俊裕
    地理学評論
    1979年 52 巻 5 号 233-250
    発行日: 1979/05/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    敗戦前の飯塚浩二の研究活動を,留学とその直前(1930年春~1934年末)・帰国値後(1935年初~1938年3月)・支那事変期(1938年4月~1941年春)・大東亜戦争開戦前後(1941年夏~1942年春)・大東亜戦争中期(1942年夏~1943年春)・大東亜戦争後期(1943年夏~1945年夏)の6期に分け,それぞれの時代の情況に彼がどう対応したかを振り返った.それを大別すると,直接には情況に関与しなかった支那事変期までと深く関与する大東亜戦争開戦前後以降とになる.そして,時代と共に生きた彼の情況への関与の仕方には,次のような特徴があることがわかった. 1. 反体制的な関与はしない. 2. 情況を突き放して対象化する傾向が強い. 3. 情況の先取りをしない. 4. 意図した便乗はしない.
  • 渡部 宗助
    教育学研究
    1969年 36 巻 3 号 222-233
    発行日: 1969/09/30
    公開日: 2009/01/13
    ジャーナル フリー
  • 瀧澤 利行
    スポーツ社会学研究
    2009年 17 巻 1 号 15-30
    発行日: 2009/03/20
    公開日: 2016/10/05
    ジャーナル フリー
     体力の概念は、前近代日本の健康思想の展開においては決して一般的ではなかった。明治維新以前の日本においては、養生が健康の維持と寿命の延長に関わる基本的な思想であった。 養生は、東洋文化における生命の賦活と日常生活における摂生のための思想である。日本においても、 江戸時代(1603-1867)の間、養生論の刊行は次第に増加していった。
     明治新政府は、個人の健康維持に関わる概念として養生に代わって衛生を採用した。明治前半期の衛生思想の下では、「体力」は人々がどの程度働くことができたかを示す概念としてみなされていた。明治後半期になると養生や衛生の本質は、社会や国家の事項を包含すべく敷衍されていった。 伊東重は、『養生哲学』と題された著書を刊行し、その著書において、政府が「国家の養生」を実施すべきであると主張した。また、衛生局長を務めた後藤新平は、彼の主著である『国家衛生原理』において、富国強兵のための健康管理と衛生行政の理論を創出した。後藤や伊東に代表される明治期の衛生思想の基本原理は、主として社会ダーウィニズムと社会進化論に基づいていた。この理論の下では、個人の健康は国家経済の発展と軍事力の増大に関連するとみなされたのである。
     他方では、国民総体の健康について考えるという視点は、彼らの健康水準を平等化することを目的とした社会衛生思想を受容する契機となった。社会衛生学・労働科学の先駆者であった暉峻義等は、産業国家の発展の立場から、労働者における体力を充実させる必要性を指摘した。その暉峻は第2次世界大戦の下では、労働者が国家における人的資源であることを認識し、また、労働の体力は日本の軍事力そのものであると主張した。このように、社会衛生の理論は、次第に人間の健康を国家の資本として見なす側面を含んでいった。
     日本における社会衛生から公衆衛生への主潮の変化は、予防医学と健康教育に重点を置いていたアメリカ合衆国の公衆衛生政策の影響を受けた。それは次第に国際的な公衆衛生運動としてのヘルスプロモーション運動に展開していった。その過程で、体力の問題は、生活習慣病の予防と個人的な活動的な生活の文脈に向かって個人化されてきた。 そのような状況の下では、体力の社会的かつ文化的な側面から再考することが不可欠である。
  • 成瀬 厚
    地理学評論 Ser. A
    1997年 70 巻 3 号 156-166
    発行日: 1997/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    Discussions about “geopolitics” have flourished within the field of geography in recent years. In Japan, where geopolitics (chiseigaku) had been associated with empire expansion as well as German Geopolitik, the critical issues in geopolitics were not for their own features, but how they reveal ambivalent aspects of geography in general. In particular, two critical issues in geopolitics, political intentions and subjective interpretations of the world, make us realize that geographical descriptions may inevitably be political.
    Today, the term “geopolitics” is not used to designate a branch of study, but has a variety of contents at the general level. In this paper, by referring to the definition of “orientalism” by Said (1978), I suggest the necessity of analyzing geopolitical texts from the standpoint of criticism. An author of a geopolitical text is not an individual subject. Whether (s)he is a politician or an editor of mass media, (s)he represents the government or nation under a wider umbrella of ideology. From such a viewpoint, we could establish a research agenda that critically examines various geographical descriptions under the term “geopolitics.”
  • 地理学評論
    1953年 26 巻 3 号 131-134_1
    発行日: 1953/03/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 米倉 二郎
    社会科研究
    1959年 7 巻 23-26
    発行日: 1959/01/10
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
  • 五十嵐 清
    法制史研究
    1980年 1980 巻 30 号 371-374
    発行日: 1981/03/30
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
  • 宇津 栄祐
    社会学評論
    1972年 23 巻 2 号 47-64,109
    発行日: 1972/09/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    Takada's social theory was constructed under the social background of class struggles developed into a new stage by the formulation of monopolistic capitalism in Japan. The social aspects of the development of his social theory will be evaluated from three points.
    First, his theory is constructed as a way to fill a gap left unfilled by traditionally dominant social theories, the organic theories of states, between the capitalistic reality within the limits of absolutistic Tenno system and to follow as thoroughly as possible “the thought and history of the national polity” under the Tenno system. Secondly, it is built as a process to strengthen the separation from and the antagonism against a scientific social theory of Marxism. Thirdly, it is thought to be a theory which “takes before others” the reality accompanied with the reactionary monopolistic capitalism and “legs” behind the reality stepping into the fascistic system.
    Takada's highly abstract social theory can be characterized, in one word, as a Japanese variation of relativistic social theories which are composed on the epistemological basis of agnosticism. Materialistic-dialectic contents, which are indispensable for scientific social theories, such as history, economy and labor as their basis, are intentinally omitted in his theory construction from his common-sence judgement on the social reality in Japan. He composes a highly abstract “law of constant quantity of associations” with various sophisticated concepts abstracted one-sidedly, such as the will, the association, the social relation, the group and the society in its totality. His law, itself, may be regarded as a metaphorical expression of “the intensity of associations” which is presupposed for the stable superordination by the ruling class in the class society. Here we must emphasize that Takada's social theory constructed before W.W. II was nothing more than a kind of unscientific Japanese “formal sociology” whose methodological individualism had not been established to its full extent.
  • 浜口 晴彦
    社会学評論
    1976年 27 巻 2 号 79-82
    発行日: 1976/11/30
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
  • 久保 亨
    史学雑誌
    1987年 96 巻 5 号 798-804
    発行日: 1987/05/20
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー
  • 武内 房司
    史学雑誌
    1987年 96 巻 5 号 791-798
    発行日: 1987/05/20
    公開日: 2017/11/29
    ジャーナル フリー
feedback
Top