詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "専門機関"
4,539件中 1-20の結果を表示しています
  • 土屋 明美, 治田 哲之, 山崎 志緒理
    日本教育心理学会総会発表論文集
    1995年 37 巻
    発行日: 1995/08/31
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 亀山 洋光
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2014年 56 巻 PA099
    発行日: 2014/10/26
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 変容する国際社会と国連
    秋月 弘子
    国際政治
    1993年 1993 巻 103 号 99-113,L14
    発行日: 1993/05/22
    公開日: 2010/09/01
    ジャーナル フリー
    This paper describes ongoing comprehensive policy review of operational activities for development of the United Nations system, and analyzes a trend of institutional evolution of organs within the United Nations system by which the operational activities are undertaken, in view of identifying a possible future course of restructuring the United Nations system. To this end, new implementation modalities for the United Nations Development Programme's (UNDP) technical assistance, namely “support cost successor arrangements” are introduced, and their effects on raison d'être of the Specialized Agencies are analyzed.
    United Nations General Assembly Resolution 44/211 entitled “Comprehensive triennial policy review of operational activities for development of the United Nations system”, adopted on 22 December 1989 by consensus, reaffirms that the recipient Governments have the principal responsibility for design and management of external assistance, and that the exercise of those responsibilities is crucial to the strengthening and utilization of national capacity. The operational activities for development of the United Nations system, therefore, have to be streamlined with (a) a shift from a project approach to a programme approach, (b) delegation of authority from the headquarters to the country level, (c) strengthening resident co-ordinator system, and (d) national execution.
    The United Nations Development Programme (UNDP), which is an autonomous subsidiary organ of the General Assembly, is the central funding agency for technical co-operation within the United Nations system. As such, UNDP is undertaking a major policy alteration in line with the General Assembly resolution 44/211.
    One of the modifications, with regard to implementation of UNDP's technical co-operation, is introduced by the UNDP Governing Council resolution 91/32 dated 25 June 1991 entitled “Support costs successor arrangements”. The new arrangements aim at (a) national execution, (b) a shift of technical assistance by the Specialized Agencies from a project level to a programme level, (c) reimbursement of project support costs by UNDP to each Specialized Agency, which amounts to 13% flat of total UNDP projects, is altered by payment of actual expenses for technical advice rendered by each Specialized Agency.
    The new arrangements result in shrunk activities and decreased budget of the Specialized Agencies as project executing agencies. Consequently, the implementation of new support cost arrangements and the extension of national execution create a particular set of challenges with respect to the future role of the Specialized Agencies.
    In fact, the International Labour Organisation (ILO) acknowledges that the new arrangements may affect the substance of its technical co-operation programme and the capacity of the ILO to carry out projects that are of central importance to its mandate.
    On the other hand, UNDP as a funding agency would strengthen its monitoring role and financial control over the Specialized Agencies. The ongoing policy alteration, therefore, would lead not only to the modification of implementation modality for UNDP's technical co-operation, but also to redefinition of technical role of the Specialized Agencies, and thus, to restructuring the United Nations system as a whole.
    Secretary-General Gali initiated a reorganization of the United Nations Secretariat in January 1992, aiming at an integration and centralization of organs in the field of economic and social development. This reorganization, however, goes backward from an operational point of view, since the operational activities for development of the United Nations system have evolved by creation of new organs and decentralization of authority thereto. Restructuring the United Nations system has to be deliberated taking into account of efficient and effective operational activities of the United Nations system.
  • 亀山 洋光
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2013年 55 巻 PE-052
    発行日: 2013/07/29
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 島田 貴仁, 城間 益里
    日本心理学会大会発表論文集
    2017年 81 巻 3B-015
    発行日: 2017/09/20
    公開日: 2020/03/27
    会議録・要旨集 フリー
  • 荒堀 智彦
    日本地理学会発表要旨集
    2020年 2020s 巻 P132
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/30
    会議録・要旨集 フリー

    1. 研究の背景と目的

     グローバル化が進む現代社会において,世界各地で発生している新興・再興感染症の問題は,公衆衛生上の新たなリスクとなっている.インフルエンザについては,2017年に世界保健機関(WHO)がインフルエンザリスクマネジメントに関する基本方針を発表した.その基本方針の一部には,社会包摂的アプローチの導入が提案されている(WHO, 2017).そこでは,世界レベル,国レベル,地方レベル,コミュニティレベルの各レベルで,経済,交通,エネルギー,福祉などの各分野が協同でリスクマネジメントに取り組むことが明記されている.感染症を撲滅するのではなく,いかにして予防・制御していくのかに重点が置かれ,日常的な備えとして,各レベルにおける効果的な情報配信とリスクコミュニケーション体制の整備が求められている.

     世界各国では,感染症の状況把握と分析のために感染症サーベイランスを運用し,サーベイランス情報を地理情報システム(GIS)に組み込んだ,Webベースのデジタル疾病地図の整備が進められている.加えて,それらのツールを利用したリスクコミュニケーションへの応用も行われている(荒堀,2017).

     日本では,厚生労働省と国立感染症研究所を中心とした感染症発生動向調査(NESID)が国の感染症サーベイランスシステムとして構築され,1週間毎の患者数や病原体検査結果が報告されている.しかし,NESIDで収集されるインフルエンザ情報は,報告する定点医療機関が5,000と限られており,全国における流行の傾向を知ることには適しているが,地方レベル以下のローカルスケールにおける詳細な流行状況を知ることには適していない.そこで本研究では,日本の各地域における感染症予防と制御に向けたWebベースの疾病地図の利用状況について,調査を行った.

    2. 感染症専門機関データの収集と構築

     本研究では,日本全国の感染症専門機関および地方自治体のWebサイト調査を実施した.調査に先立ち,感染症専門機関および地方自治体のWebサイトのデータ収集を行い,専門機関のデータを構築した.対象となる専門機関および自治体数は82地方衛生研究所,552保健所,1,042医師会,1,977地方自治体である.

    3. 疾病地図の利用状況

     Webサイト調査の結果,地方レベル以下の空間スケールにおける感染症情報を提供している機関・自治体は,332の専門機関および地方自治体のみであった.その内訳は,57地方衛生研究所,116保健所,108医師会,51地方自治体であった.サーベイランスの空間スケールは,一般に,専門機関や地方自治体の管轄に対応している.しかし,医師会は,郡および市の医師会レベル,市区町村レベル,公立学校区レベル,丁目および字レベル,学校施設レベル,病院および診療所レベルなど,さまざまなレベルで提供されていることが明らかとなった.疾病地図による可視化を行っている56の機関および地方自治体のうち,WebGISを使用しているのは3機関のみであり,htmlまたはPDFの画像形式によるものが中心であった.

     東京都,愛知県,兵庫県,広島県など大都市を含む都道府県に位置する専門機関や地方自治体においては,保健所レベル以下のローカルスケールのデータを提供していることが明らかとなった.これらの地域に位置する自治体は中核市であることが多く,保健衛生に関する権限委譲に伴う機能の多様化が背景にあると推察される.

    4. まとめ

     調査の結果,日本のローカルスケールにおける疾病地図・WebGISの活用事例は少ないことが明らかとなった.現状では,地図をリスクコミュニケーションに活用するというよりは,情報をWeb上に一方的に流している状態であるといえる.加えて,使用されている疾病地図は,地域特性を反映しているものが少ない.リスクコミュニケーションには,専門家と非専門家(地域住民)との対話が欠かせない要素になる.そのため,リスクコミュニケーションツールとしての対話型地図に関する議論が必要になると考えられる.

  • 佐藤 和子, 久保 恭子, 川野 雅資, 田崎 知恵子
    日本看護研究学会雑誌
    2009年 32 巻 3 号 3_335
    発行日: 2009/07/03
    公開日: 2019/09/30
    ジャーナル フリー
  • 藤井 裕子, 矢野 のり子
    日本教育心理学会総会発表論文集
    2000年 42 巻
    発行日: 2000/07/25
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 河野 慶三
    産業医学
    1994年 36 巻 2 号 124-130
    発行日: 1994年
    公開日: 2009/03/26
    ジャーナル フリー
    In Japan “the Regulation on the Prevention of Lead Poisoning” and “the Regulation on the Prevention of Organic Solvent Poisoning” were partially amended in 1989 to introduce biological monitoring in the special medical examinations of workers exposed to lead and 8 organic solvents (toluene, xylene, styrene, N, N-dimethylformamide, n-hexane, tetrachloroethylene, 1, 1, 1-trichloroethane, trichloroethylene).
    Since many companies entrust these medical examinations to the Occupational Health Organizations (OHOs), a survey of OHOs which collect blood and urine samples for biological monitoring was made in August 1992, to ascertain the actual status of their activities from April of 1991 to March of 1992.
    The following findings were obtained through this survey.
    1) One hundred and eighty-six OHOs collected 129, 996 blood samples to measure the concentration of lead, and the median number of samples collected per organization was 356.
    2) Thirty-nine OHOs (21.0%; Group A) measured all samples in their own laboratories. The number of samples measured was 55, 462 (42.7%). However, 133 OHOs (71.5%; Group B) entrusted the measurement of all samples to registered laboratories.
    3) The median number of samples collected by OHOs in Group A was 1, 121, and the median number of Group B was 211.
    4) One hundred and eighty-three OHOs collected 126, 915 urine samples to measure the concentration of δ-aminolevulinic acid and the median number of samples collected per organization was 358.
    5) The blood samples as well as the urine samples were divided into three groups according to the levels of lead or δ-aminolevulinic acid concentration. The concentration is relatively low in Group 1 and relatively high in Group 3. The cut-off values for this classification are legally set in the Regulation on the Prevention of Lead Poisoning. The frequency of each group was as follows: lead (Group 1; 93.8%, Group 2; 4.9%, Group 3; 1.3%), δ-aminolevulinic acid (Group 1; 96.8%, Group 2; 3.1%, Group 3; 0.2%).
    6) Two hundred and six OHOs collected 615, 148 urine samples to measure the concentration of metabolites of organic solvents. The number of samples collected for measurement of metabolites of toluene was 274, 265, which was largest in number and the number of samples was smallest for N, N-dimethylformamide (10, 353).
    7) The number of OHOs which collected the urine samples for measurement of metabolites of toluene was 199 (96.6%), which was largest among 8 organic solvents. In the case of N, N-dimethylformamide, which was smallest in number, 117 OHOs (56.8%) collected the urine samples.
    8) Seventeen OHOs (8.3%) measured all the urine samples of organic solvents in their own laboratories, but 169 (82.0%) OHOs entrusted the measurement of all samples to registered loboratories.
    9) The urine samples were also divided into three groups according to the levels of the metabolites. The cut-off values for this classification are legally established by the Regulation on the Prevention of Organic Solvent Poisoning. The frequency of Group 1 was high in n-hexane (98.3%) and xylene (98.2%), and the lowest in styrene (87.3%). The frequency of Group 3 was the highest in styrene (3.0%) and the lowest in xylene and n-hexane (0.2%).
  • 山口 徹, 永井 良三
    日本内科学会雑誌
    2009年 98 巻 9 号 2241
    発行日: 2009年
    公開日: 2012/08/02
    ジャーナル フリー
  • 藤後 悦子, 磯 友輝子, 坪井 寿子, 岩﨑 智史, 田中 真奈美, 山村 雅宏, 坂元 昂
    日本心理学会大会発表論文集
    2011年 75 巻 2EV109
    発行日: 2011/09/15
    公開日: 2019/02/02
    会議録・要旨集 フリー
  • 落合 正浩, 落合 広子
    国際生命情報科学会誌
    2006年 24 巻 2 号 366-
    発行日: 2006/09/01
    公開日: 2019/05/03
    ジャーナル フリー
    社会医学的実験として開発中のトータルヘルスクリニックシステムの経過報告を行う。トータルヘルスクリニックシステムは、個々に散在する現代医療や代替医療などの専門機関の中から厳選された優良機関が、公衆衛生クリニックを中核として有機的に続合されているシステムである。中核となる公衆衛生クリニックの特徴は、以下の通りである。1.楽しくて、体に良くて、経済的にも豊かな元気な組織の実現を主目的とする。2.企業や地域などの組織単位で担当し、組織診断や組織計画の立案などのヘルスマネージメントを始め、個別診察や集団セミナーなども行う。3.疾病治療が主目的ではなく、能力開発的な側面を重視し、メンタルヘルスを中核として、休養、栄養、運動などの生活そのものを、基本的な内容から提案していく。(化学合成薬や手術などは提案しない)4.現代医療、代替医療などの各種専門機関を厳選して、有機的に統合し、組織員を協働で担当する。
  • 林 初美, 工藤 典代, 小林 由実
    AUDIOLOGY JAPAN
    2000年 43 巻 6 号 626-632
    発行日: 2000/12/30
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    三歳児聴覚検診での聴覚検査をより有効に生かし, 難聴児の早期発見と見逃しの防止につなげることを目的に, 地域の専門機関における三歳児健診の関わりと聴力検査の実施状況について県内の39施設にアンケート調査を実施した。 その結果, 聴力検査の実施状況は各施設で大きく異なっていた。 県内全域で三歳児健診の当初の目的である中等度難聴児の早期発見が可能であるとは言えなかった。 また, 三歳児健診業務に直接関わりのある地域専門機関はアンケートに回答のあった施設のうち3分の1以下であり, それらの機関では難聴児はほとんど発見されていなかった。 難聴児の早期発見のためにはシステムの確立や設備の充実などに加え, 検査者や難聴児の発見に関わる可能性のある関係者全体の啓蒙と連携などソフト面の整備が重要な課題である。
  • 林 初美, 工藤 典代, 小林 由実
    AUDIOLOGY JAPAN
    1999年 42 巻 5 号 627-628
    発行日: 1999/09/16
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 甲斐 まゆみ, 市江 和子
    日本小児看護学会誌
    2020年 29 巻 126-132
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/07/31
    ジャーナル フリー

     本研究は、保育施設の保育施設長における気になる子どもと家族に対する日常生活と就学に向けたかかわりの現状を明らかにし、保育施設長における支援の検討を目的とした。半構成的面接法による質的研究である。対象は、気になる子どもと家族にかかわったことがある保育施設長10名である。結果、【気になる子どもの家族の受け入れの促進】【気になる子どもの家族の受け入れ状況に配慮したかかわり】【気になる子どもと家族との面談にいたる準備】【気になる子どもと家族を専門機関につなぐ事前の対応】【気になる子どもと家族の状況についての専門機関との共有】【気になる子どもと家族の専門機関受診への就学前の働きかけ】【気になる子どもと家族への就学を目前にした関与】の7カテゴリーが抽出された。保育施設長として、日々、気になる子どもの家族との信頼関係を築き、個別対応するとともに外部資源との連携構築により就学に向けた支援体制が充実すると考えられる。

  • 山田 道夫
    高分子
    2000年 49 巻 4 号 234c
    発行日: 2000/04/01
    公開日: 2011/10/14
    ジャーナル フリー
  • 金子 勇
    日本都市社会学会年報
    1997年 1997 巻 15 号 3-21
    発行日: 1997/06/27
    公開日: 2011/02/07
    ジャーナル フリー
  • 福田 菊
    ドクメンテーション研究
    1978年 28 巻 4 号 170-
    発行日: 1978/04/01
    公開日: 2017/10/20
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 砂川 紀子, 木場 由紀子, 土井 真司, 小久保 文代, 田内 光
    AUDIOLOGY JAPAN
    1996年 39 巻 5 号 427-428
    発行日: 1996/09/05
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 本田 真大, 新井 邦二郎
    カウンセリング研究
    2010年 43 巻 1 号 51-60
    発行日: 2010年
    公開日: 2015/12/14
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,幼児をもつ母親の子育ての悩みに関する援助要請行動に影響を与える要因を検討することであった。450名の母親に質問紙調査が実施された。その結果,援助要請行動の促進要因として,子どもと援助要請の相手との関係の認知(β=.16~.38,p<.01),母親の悩みの深刻さ(β=.24~.44,p<.01)などが同定された。本研究の結果,子育て中の母親の援助要請行動を促進するためには,母親を取り巻く周囲の支援体制の形成が重要であることが示唆された。
feedback
Top