詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "点描図"
15件中 1-15の結果を表示しています
  • 地理学評論
    1950年 23 巻 9-10 号 318-319
    発行日: 1950/09/30
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 地理学評論
    1948年 21 巻 3 号 92-96_1
    発行日: 1948/02/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • ー25,000分の1地形図を中心としてー
    山田 誠
    人文地理学会大会 研究発表要旨
    2016年 2016 巻 P02
    発行日: 2016年
    公開日: 2020/06/13
    会議録・要旨集 オープンアクセス
  • 末高 透, 宗森 信
    日本化学会誌(化学と工業化学)
    1984年 1984 巻 4 号 650-655
    発行日: 1984/04/10
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
    市販の球状白金触媒を用いてトリメチルアミン,トリエチルアミン,エタンチオール,硫化ジメチル,硫化ジエチルの触媒燃焼の研究を行なった。まず,悪臭物質の初濃度および酸素の初濃度(悪臭物質:500~2000ppm,O2:0.21~1.0モル分率),反応温度(480~680K)を変えて悪臭物質の燃焼分解率を測定した。管形反応器の内径は触媒粒の直径の5倍にすぎなかったので,この反応器の数学モデルをガスの吹き抜けがあるかきまぜ混合槽モデルで近似した。そして実験結果をかきまぜ混合槽モデルに基づいて非線形最小二乗法により解析し,総括反応速度パラメーターを求め,悪臭物質の総括反応速度式を得た。すなわち,トリメチルアミン:r(mol/s)=KCCC12CA0.95,活性化エネルギー57.9kJ/mol,トリエチルアミン:r=KC0Co2cA6,活性化エネルギー 205kJ/mol,エタソチオール:r=K0CClCA0.46,活性化エネルギー106kJ/mol,硫化ジメチル:r=K0cC0.76cA3,活性化エネルギー57.4kJ/mol,硫化ジエチル:r=KoCCb42CA6,活性化エネルギー173kJ/molであった。
  • 池田 比呂志
    やどりが
    1997年 1997 巻 172 号 17-27
    発行日: 1997/11/15
    公開日: 2017/08/19
    ジャーナル フリー
  • 地理学評論
    1959年 32 巻 3 号 162-178_2
    発行日: 1959/03/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 地理学評論
    1948年 21 巻 7-8 号 253-264_1
    発行日: 1948/08/10
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 地理学評論
    1942年 18 巻 1 号 84-93
    発行日: 1942/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 槇村 洋介
    飯田市美術博物館 研究紀要
    2005年 15 巻 5-18
    発行日: 2005年
    公開日: 2017/10/01
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
  • 川口 丈夫
    地理学評論
    1937年 13 巻 7 号 649-668
    発行日: 1937/07/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 小笠原 義勝
    地理学評論
    1936年 12 巻 7 号 629-660
    発行日: 1936/07/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 犬塚 則久
    化石
    2011年 89 巻 33-38
    発行日: 2011/03/30
    公開日: 2017/10/03
    ジャーナル フリー
  • 小田内通敏講述『日本地理講義』と田中啓爾著『中等日本地理』の場合
    市川 義則
    新地理
    1998年 46 巻 3 号 12-27
    発行日: 1998/12/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    Dans cette étude, l'auteur a comparé les deux manuels scolaires “Géographie du Japon” publiés Bans la deuxième partie des années 1920. Les deux auteurs, ODAUCHI Michitoshi et TANAKA Keiji sont des anciens élèves de l'Ecole Normale Supérieure de Tokyo. Le premier est de dix ans plus âgé que le deuxieme. Quand ODAUCHI était élève de cette école, it n'a pas appris la géographie moderne' Peu après, YAMASAKI Naomasa qui avait étudié la géog raphie en Allemagne, est rentré au Japan. TANAKA a suivi ses tours. Enseignant Bans un collège privé, ODAUCHI s'est fait sa culture géographique tout seul. Il a introduit la pensée de l'Ecole française de géographie au Japon. Après ses études à l'E. N. S. de Tokyo, TANAKA a été envoyé par le gouvernement japonais en Occident pour étudier la géographie. Il a d'abord étudié aux Etats-Unis où it a été influencé par les idées de W.M. DAVIS. Ensuite, it est allé en Europe. Il a rencontré A. PENCK et A. HETTNER en Allemagne, E. de MARTONNE en France et J. H. MACKINDER en Angleterre.
    Tous les deux connaissaient bien la pensée géographique américaine et européenne. ODAUCHI, qui a été influencé par la théorie allemande dite “Heimatkunde”, considère que l'étude locale peu à peu élargie constitue le premier pas de l'éducation géographique. Il s'est beaucoup interéssé à la relation ville-campagne. Il a mis l'accent sur le rôle premier de la campagne, comme J. H. MACKINDER. TANAKA a étudié le découpage régional aux Etats-Unis. Il a proposé un nouveau découpage du Japon et un nouvel ordre de présentation des régions japonaises. Il est l'un des fondateursde la géographie régionale au Japon. On trouve aussi chez lui des influences allemandes.
    Dans ces deux manuels, on trouve certaines caractéristiques de la pensée géographique des auteurs. Certaines seulement, car ce sont des manuels scolaires. A la même époque, chacun a publié un livre Bans la collection “Nihon Jido Bunko” (Collection japonaise pour les élèves) Dans “Nihon no Tabi” (Le voyage an Japon), TANAKA aadopté sa nouvelle classification régionale, bien qu'it ait suivi l'ordre habituel Bans son manuel. ODAUCHI donne de l'importance à la vile Bans son manuel mais il la subordonne à la campagne Bans “Tokai to Inaka” (Ville et campagne).
    Ces deux manuels sont, pour ODAUCHI le dernier de sa vie de recherche, et pour TANAKA le premier. Par la suite, il faudrait étudier la place de ces manuels dans l'évolution de leur pensée.
  • 内田 真理子
    基礎心理学研究
    1999年 18 巻 1 号 38-45
    発行日: 1999/09/30
    公開日: 2016/11/17
    ジャーナル フリー
    The more complex the spatial structure of images is, the longer time the visual system will spend to analyze its correspondence problem of apparent motion. I investigated the relation between the structural complexity of stimulus and the temporal property of correspondence process. In the experiments, three kind of stimulus-series (from simple to complex; a dotted pattern, an opaque pattern, and human-faces) were prepared and presented by the frame-splitting procedure (Suga & Kato, 1994, 1995) through either partial mask or random-pass filter. This procedure provides a mean of investigating experimentally the temporal limitation concerned with solving correspondence problem. In the results, to all correspondence problems under these experimental conditions, the temporal upper limitation of 100 ms were indicated. The results are discussed in terms of the visual buffer without the influence of the stimulus complexity.
  • 六角鑛床に就て
    内田 宗義
    大日本窯業協會雑誌
    1938年 46 巻 546 号 279-285
    発行日: 1938/06/01
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    (1) 山形縣南村山郡山元村前丸森所在のベントナイト賦地たる六角鑛床に就てその地質概況を記述す。
    (2) ベントナイト産出の状態は (イ) 雜密錯層状, (ロ) 雜密錯斑状, (ハ) ポケット状の三態に區別し得るも, (ハ) の場合は寧ろ尠く, (イ) 及 (ロ) の形式を主とし兩者略相半す。
    (3) 現地採集標本13種に就て觀察の結果を述べ, 主要標本の鏡下所見を記し, 標本の相互關係を吟味す。
    (4) ベントナイトは緑色蝋樣なるものを原態とし, その後の露天化によつて黄緑, 淡黄, 淡橙, 淡桃の順序に色變し, この變化に伴つて可溶性可換鹽基の流亡, 非乾燥性蝋板状より乾燥性纎維組織を有する土状に變化す。 而して膨潤性は淡黄期を最大として兩側へ滅少の傾向を示す。
    (5) ベントナイトは常に必ず明なる層理を示し, 粗面安山岩質玻璃を母體とする。 その代表的組成は標本R8にして次の如し。 R8は殆んど全部絹雲母集片組織を有する淡黄色物質より成り, 其の平均組成は最純最良ベントナイト電解物に酷似す。
    (6) ベントナイトは古乃至中第三紀粗面安山岩質凝灰岩と新第三紀流紋岩質熔岩乃至火山灰との接觸によつて生ず。 ベントナイト母岩は玻璃たる事必要條件なる如し。 但し白色系ペントナイトの存在を見ず, また新噴出岩にしてベントナイト化せる例をも見ず。
    (7) ベントナイトは含水舊岩に高温新岩接觸し, 舊岩中の水分の爆發壓のもとに行はれたる水熱反應生成物にして, その際他よりの水の供給必ずしも必要ならず。 即ち熱水乃至熱氣を必要とせず。
    (8) ベントナイト化反應は一種のプロピライト化現象にして何れも不完全なる緑泥石化, 絹雲母化乃至パイロフヰライト化に類する特殊なる反應にして, 特に區別してベントナイト化反應なる特稱に値するものと考ふ。
    (9) 六角鑛床に關する敍上諸事項は同時に荻ノ窪鑛床の場合にも共通す。 即ち荻ノ窪鑛床研究に於て假説せる次の主反應はベントナイト化の主反應と考へて差支なきものと思はる。 但し母岩一層酸性なる時は脱璃作用を伴ふ。 Ab.=Na2O・Al2O3・6SiO2 An.=CaO・Al2O3・2SiO2 (Ab.An)+2H2O=2(Al2O3・4SiO2・H2O)・(Na2O・CaO) また山形産ベントナイトの本體は第II報所論の如く結晶充分完全ならざるパイロフヰライトなりとし次の式をもつて表はし得るものと考へらる。 但し苦土の行動は明ならず。 Al2(Si4O10)(OH)2・Aq
    (10) 酸性白土はベントナイト母岩よりは一層酸性にして且つ鐵苦土分に乏しき恐らく粗面岩に相當する玻璃より導かれ, 反應條件はベントナイト化反應と略同樣なるものと考へらるるも更に研究を要す。
feedback
Top