詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "総合計画"
4,419件中 1-20の結果を表示しています
  • 井上 尚夫, 井上 富美子
    デザイン学研究作品集
    2005年 10 巻 1 号 24-27
    発行日: 2005/03/30
    公開日: 2017/10/27
    ジャーナル 認証あり
  • 前田 賢次
    教育学の研究と実践
    2013年 8 巻 71-81
    発行日: 2013年
    公開日: 2019/03/28
    ジャーナル オープンアクセス
  • 日野 正輝
    日本地理学会発表要旨集
    2016年 2016s 巻 712
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/08
    会議録・要旨集 フリー
    仙台市の総合計画にみる自己認識の変遷

    1.はじめに

    わが国の地方自治体では、1969年の地方自治法の改正以降,長期的見通しに立って,行政の計画性および効率性等を図る目的で10年から20年の期間を見据えた総合計画を策定してきた(佐藤,2013)。総合計画は、一般に基本構想、基本計画、実施計画から構成される。

    総合計画の基本構想および基本計画には、自地域のイメージおよび目指す地域像と取り巻く社会経済的状況とその将来予測が述べられている。この記載の部分が、地方自治体が自地域をどのように認識しているかを知る上で有効な資料と言える。

    本報告は、仙台市の総合計画に示された基本構想および基本計画にある仙台市の①特性認識,②時代状況の認識,③将来像などから、仙台市の自己認識の変遷を検討したものである(表1)。

    2. 高度経済成長期の都市像:第1次年総合計画(1967年)

    仙台市の第1次総合計画は、全国総合開発計画によって開発拠点に位置づけられるとともに、東北の拠点として急成長を遂げるなかで策定された.そのなかで,開発に伴う自然環境の悪化が危惧された.その結果,目指す都市像として「健康都市」と「東北地方の拠点都市」が描かれた。「健康都市像」には,市民参加とともに,「杜の都」のアイデンティティーによる環境問題に対する市民意識の高さが反映されていた。

    3. 時代の転換期の都市像:第2次(1987年)、第3次(1997年)総合計画

    「学都」および「杜の都」のイメージが戦前から仙台市民の間で共有,継承されてきたアイデンティティーであった。そして,戦後の都市政策においても参照される指針として機能してきた.第2次総合計画では,「学都」は国際化・情報化を担う都市として,「杜の都」は「自然との調和・共生」として描かれた.さらに,東北の中枢都市としての仙台は、第4次全国総合開発が掲げた多極分散型国土形成に対応して,日本の国際化の一翼を担うものとして描かれた。

    第3次総合計画は,国の第5次全国総合開発計画で示された「時代の転換」に従った時代認識に立って,市民と行政の協働,および都市の空間構造としてコンパクトシティをイメージした「機能集約的土地利用」などが提示された。また,東北の中枢都市のイメージとしては,世界と東北を結ぶ都市の姿が描かれた

    4. 成熟社会を見据えた都市像:第4次総合計画(2011年)

    第4次総合計画では、成熟社会への移行を前提にして、都市政策の転換を掲げ、「市民力」が活力のある成熟した都市の実現にもっとも重要であるとした。市民力とは、「個人や地域団体、NPO,企業などの多様な主体が、都市や地域における課題の解決や魅力の創出に自発的に取り組む力」と説明された。また、仙台の潜在力を「知的資源が新たな息吹を生む学都の力、地域に根ざした支え合う健康都市の風土、自然を生かし優れた環境を育む杜の都、活力を創り交流を広げる東北の中枢都市の力」と表現した。

    5. おわりに

    仙台の総合計画は、仙台市民が共有するアイデンティティーを指針にして、時代状況の変化に対応した都市の将来像を描いてきた.そして,現在,「市民力」と言う先進的な概念を提示するに至った.

    文献

    佐藤 徹(2013):行政経営システムにおける総合計画の構造と機能.地域政策研究,16,15-32.
  • 大坂谷 吉行, 木田 圭輔
    日本建築学会技術報告集
    2000年 6 巻 10 号 257-262
    発行日: 2000/06/20
    公開日: 2017/01/25
    ジャーナル フリー
    New Muroran Comprehensive Plan was revised in March 1998. Comprehensive Plan Council started to make plan on 29 May 1996. Council system was the same way as old plan making process and was criticized by 3 men on newspapers because of no participation system. Muroran City Office introduced public meetings for basic concept and for basic plan of the new comprehensive plan. There are few differences between contents of old plan and that of new plan. Participation was introduced after criticism but it wasn't enough because of not claer dealing with the opinions from citizens.
  • 荒木 一男
    社会科学研究
    2020年 71 巻 2 号 155-192
    発行日: 2020/06/11
    公開日: 2020/12/02
    ジャーナル オープンアクセス
  • 勝 眞一郎
    経営情報学会 全国研究発表大会要旨集
    2019年 201910 巻 1D1-2
    発行日: 2019/12/25
    公開日: 2019/12/23
    会議録・要旨集 フリー

    昭和44年の地方自治法改正により、地方自治体は概ね10年間の市町村基本構想・基本計画・実施計画(いわゆる「総合計画」)の策定義務が課せられた。しかし、平成23年に地方自治法の改正があり、策定義務が撤廃された。

    地方創生の機運の中で、地方行政と地域住民との共同参画型プロジェクトが数を増している。そうした中、地方自治体の総合計画は地域コミュニティにおける基本計画となる。

    少子高齢化、グローバル化、経済活動の急速化などの社会環境の変化の中、総合計画はどのように変化して行くのかが研究のテーマである。

    今回は、「概ね10年」とされた基本構想・基本計画の期間が全国の都市でどのように変化しているのかを調査、報告する。

  • 農村地域における住民主体による地区総合計画づくりに関する研究 (II)
    牛野 正
    農業土木学会論文集
    1995年 1995 巻 176 号 181-187,a1
    発行日: 1995/04/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    農用地の集団化や土地利用秩序の形成を考慮した圃場整備の実施方法を明らかにするために,調査設計や換地計画,土地利用規制等の実施計画段階の計画と,市町村総合計画や地区総合計画,住民主体の地区総合計画等の構想・基本計画段階の計画の特性を概観した。その結果,行政主導による住民主体の地区総合計画の必要性と,農村計画体系としての緊張モデルの有効性,および,有効な計画方法としての神出方式を明らかにした。
  • 五味 義治, 笹谷 康之
    都市計画論文集
    2004年 39.1 巻 62-67
    発行日: 2004/04/25
    公開日: 2017/08/02
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、総合計画の施策のマネジメントに有効と考えられるIT、コミュニティプラン、進行管理の施策ツールを対象として、自治体アンケートを行った。各種ツールは導入されてはいるが、総合計画とツール群との統合的な連動は、不十分だった。総合計画の推進における先進的な自治体を「総合マネジメント型」「ITマネジメント型」「準総合マネジメント型」「コミュニティ重点型」の4タイプに類型化できた。総合計画の施策のマネジメントには、自治体の特性に応じて、コミュニティ重視と、IT重視と、これら両者を結びつけた多面的なツールの統合化の、3つの方向性を見出すことができた。
  • 王 飛雪, 中山 徹
    日本建築学会技術報告集
    2009年 15 巻 31 号 915-920
    発行日: 2009/10/20
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
    In this study from the viewpoint of urban planning, we analyzed the changes about the contents, by comparing “Master plan 2005” with “Master plan 1993”. Furthermore we made the differences clear concerning the contents and methods between “Detailed plan 1999” and “Detailed plan 2006”. Then we probed into them and worked out some viewpoints.
  • 農業土木学会誌
    2003年 71 巻 10 号 plate1
    発行日: 2003/10/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 米国ミシガン州フリント市の総合計画及び土地利用規制の策定における計画技法と合意形成に着目して
    矢吹 剣一, 黒瀬 武史, 西村 幸夫
    日本建築学会計画系論文集
    2017年 82 巻 740 号 2609-2617
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/10/30
    ジャーナル フリー
     Recent year, vacant properties and its negative effects have become severe issues in Japan. Japan government has formulated new law to demolish dilapidated houses, but its effectiveness is limited against vacant properties issue.
     On the other hand, in the United States, there are some cities trying to create “Shrinking” master plan from the middle of 2000s, especially in Michigan and other Rust Belt cities.
     In the urban shrinkage, it is difficult to achieve consensus on the shrinking city policy between the government and local residents, because there are some detriments such as relocation, cutting of infrastructures and public services.
     The Purpose of this study is to clarify the methodology for consensus building in the planning process of master plan and zoning code in U.S. shrinking cities.
     The city of Flint, MI is the one of the shrinking cities in the United States. Flint has experienced the profound population decline since the end of 1970s. They have lost 48% population in 50 years and suffered from huge amount of vacant properties.
     In 2013, the city of Flint started to update the master plan using federal grant and the support of local urban planners from Genesee County Land Bank Authority and the foundation. A lot of residents living in Flint were engaged in this process. Finally, an updated master plan named “Master Plan for A Sustainable Flint” was completed in 2013 introducing a new zoning code called Green Innovation (GI) Area. After that, the city of Flint started to discuss the zoning code based on the updated master plan.
     We focus on the success factors of those processes, and the following points are suggested.
     1) In the case of Flint, the city government got a lot of agreement from residents by using community engagement process. To get enough agreement from public, the city involved a lot of residents and local groups in housing assessment and workshops. As the result, it did work as educational process for the public to understand the current situation of the city and importance of urban planning.
     2) Green Innovation area is the zoning that supports neighborhood stabilization for the residents in the short-term, and in the long-term, it contributes for cost reduction for the government. The GI area is a flexible zone. It could be a zone to adopt the reinvestment, if not, it could be a green field.
     3) On the other hand, there are difficulties to introduce land use regulation by zoning code ordinance, especially GI area. Because it would violate existing residents' right to housing. It means that it is difficult to limit people's right to build houses in high vacancy area or the area with low land value, even if it locates in the shrinking cities.
     4) But the government can respond to that concerns by administrative procedure working with planning commission. For existing residents, the city of Flint decided to give the permission to rebuild the house, if the house was located in GI area. After that, the city also tried to create criteria to give permission for new single family housing development in GI areas. But this attempt was failed because of the opposition of local politicians. As a result, the city decided to use the criteria of GN areas as criteria for permission of new housing development in GI areas.
     After the master plan approval, for GCLBA and some CDCs and Local groups, it became possible to align their work with the master plan and spend their resources effectively. Master plan is shared broadly and utilized as a useful framework in Flint.
  • 葉養 正明
    日本教育行政学会年報
    1990年 16 巻 49-53
    発行日: 1990/10/05
    公開日: 2018/01/09
    ジャーナル フリー
  • 本荘 重弘
    日本評価研究
    2011年 11 巻 2 号 2_45-2_54
    発行日: 2011年
    公開日: 2014/05/21
    ジャーナル フリー
    行政評価なるものに取り組み始めて早19年が経過する。この間、様々な試行錯誤を重ねてきたが、その結果、当初に意図した総合計画を基軸とした行財政運営の仕組みの構築と、それを支える職員の成果指向型意識の醸成という点においては一定の前進を見たのではないかと自負している。
    一方で、市民との関わりという点においては、評価結果を踏まえて、市民と課題を共有し、議論を深掘りするには至っていない。(このような反省もあり、7月には阪神間の都市で初めて公開事業レビューを実施したが)。実施計画の策定、予算編成などの作業プロセスの可視化も含めて、取り組むべき課題であると認識している。
    その一つのツールが、自治体間ベンチマーキングではないだろうか。すなわち、行政評価の結果は、自らの自治体の、言わば成績表として自己評価されるが、その結果が、他の自治体と比較して優位にあるのか劣位にあるのか、また、その理由は何かというさらなる分析と公開を通じて、行政内部はもとより、市民の側も、望ましい税金の配分と業務執行の適正性を判断することができる。本稿では、本市の取り組みを辿りながら、ベンチマーキングの可能性について考察したい。
  • 長崎県美術館・長崎歴史文化博物館の取組
    藤 泉
    文化経済学
    2008年 6 巻 1 号 195-198
    発行日: 2008年
    公開日: 2019/04/16
    ジャーナル オープンアクセス
  • 嶋本 恒雄
    都市計画論文集
    1973年 8 巻 231-236
    発行日: 1973/10/25
    公開日: 2020/11/01
    ジャーナル オープンアクセス
  • 星 卓志, 小林 英嗣
    日本建築学会技術報告集
    1999年 5 巻 9 号 239-242
    発行日: 1999/12/20
    公開日: 2017/01/25
    ジャーナル フリー
    By the amendment of the City Planning Law in 1992, local governments are mandated to adopt a master plan. The master plan has to be organized on both city-wide and neighborhood levels. Neighborhood planning programs are well established in the U.S.A. The purpose of this paper is clarify the outline of the recent situation of neighborhood plans. We will focus on the relationship between city-wide and neighborhood plans, the system of measuring neighborhood boundaries, and reasons for initiation of neighborhood plans.
  • 10地区の比較研究
    牛野 正
    農村計画学会誌
    2003年 22 巻 22-suppl 号 133-138
    発行日: 2003/11/30
    公開日: 2011/04/13
    ジャーナル フリー
    It is necessary to make a comprehensive district plan with inhabitants participation. However there are less districts where they could make a comprehensive district plan. And there are more districts where municipalities would have to make a comprehensive district plan with inhabitants participation. Examples of 9 districts where making a comprehensive district plan has been implemented by using the “Kande Method” as a planning method and Iwaoka district which thought of “Kande Method” are mentioned below. This paper points the actual conditions of the applied examples of the “Kande Method” and makes clear the issues of its applications.
  • 田子 健
    日本教育学会大會研究発表要項
    1993年 52 巻 91-
    発行日: 1993/08/24
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 地区総合計画の一環としての環境整備計画・事業
    内田 雄造
    都市計画論文集
    1985年 20 巻 187-192
    発行日: 1985/10/25
    公開日: 2020/09/01
    ジャーナル オープンアクセス

    The community development projects of the discriminated settlements have consisted of improving the economic, social, cultural and physical conditions, and they have been performed as people’s actions or join efforts of people and governmenfs. The physical improvement plans have had wide varieties, and they have contained the improvements of farm lands, home industries, and their environments, as well as houses, roads sewage service, playgrounds, community centers and nurseries etc.

  • 山下 良平
    農村計画学会誌
    2012年 31 巻 Special_Issue 号 267-272
    発行日: 2012/11/20
    公開日: 2013/11/20
    ジャーナル フリー
    For construction of cooperative region, a mutual understanding between local government and residents is important. The object of this research is to confirm a commonality and complementarity relation of local public relations and municipality comprehensive action plan by using a text mining method. As a result, it was cleared that a public comment of local administrative chief were reflected as a part of future municipality comprehensive action plan. That is, the meaning of local public relations is not summarized information of municipality comprehensive action plan totally, but advance announcement of notable matters at the time.
feedback
Top