詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "船原町"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 井上 忠彦, 林 栄一
    日本線虫研究会誌
    1982年 11 巻 38-43
    発行日: 1982/03/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    動物寄生線虫類(Rhabdias bufonis, Ascaris lumbricoides, Anchylostoma canninum)ならびにEisenia foetidaに顕著な致死作用を示した4-フェニールアゾフェノール誘導体のpanagrellus redwiousならびに2種のユリミミズ(Branchiura sowebyi, Criodrilus bathybates)に対する殺線虫ならびに殺ミミズ作用を虫体浸漬試験にょり検討した。
    Panogrellusに対して最も有効であった化合物は,P-11,13ならびに73で,これらはベンゼン核のp位にCl, BrまたはCH3基を置換した誘導体である。
    ニトロ基導入化合物の大多数はBranchiuraに極めて有効であった。とくにニトロ基ならびにハロゲンをベンゼン核のp位ならびにフェノール核の3,5位に置換したP40,62ならびに99は強毒性で且つ速効作用を示した。
    Criodrilusに対して最も有効な化合物はP-62であった。
    4種の線虫にたいするアゾ化合物の毒性はPanagrellusAnchylostomaが相似し,Rhabdiasは異なった。3種のミミズの間には毒性の差は認められなかった。
  • 上原 保彦
    粉体および粉末冶金
    1974年 20 巻 7 号 232-236
    発行日: 1974/01/25
    公開日: 2009/12/04
    ジャーナル フリー
    Li-Mn-Zn-ferrite (Li0.33 Mn0.42 Zn0.20 Fe2.05 O4+δ) was heat-treated at various temperatures between 450 and 1200°C, and the changes of cation valence, crystal lattice constant and oxygen content in the ferrite by this heat-treatment were measured. The oxygen and Mn3+ ion contents in the ferrite decreased with increasing temperature, while the crystal lattice constant increased. The stoichiometric ferrite (δ=0) was obtained by heat-treating at about 900°C in oxygen and air, and at about 700°C in nitrogen.
    The relationship between the crystal lattice constant a0 and an oxygen content deviation from the stoichiometry δ, was found to be as follows:
    a0=8.371-0.37δ forδ>0
    a0=8.371-0.37δ forδ>0.
feedback
Top