詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "西堀前通"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • 菅原 邦生
    日本建築学会計画系論文集
    2003年 68 巻 567 号 127-131
    発行日: 2003/05/30
    公開日: 2017/02/09
    ジャーナル フリー
    A Study on flight form and the Use actual condition of the Gang! Arcade in the Modern Ages. In modernization, a passage function is secured in public land and there is an example by which it wag occupancy-ized in private land and the passage function was spoiled as Gangi. Because there was a policy by the side of administration which makes it a public passage as Gangi, it was fixed as Gangi'm spite of public land.
  • 龜井 幸次郎
    日本建築學會論文集
    1948年 37 巻 91-97
    発行日: 1948/12/28
    公開日: 2017/12/04
    ジャーナル フリー
  • 久保 有朋, 岡崎 篤行, 松井 大輔
    日本建築学会計画系論文集
    2016年 81 巻 726 号 1695-1703
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/08/30
    ジャーナル フリー
     1. Background and Purpose
     Kagai collectively inherit many aspect of traditional Japanese culture, from architecture to music and cuisine both tangible and intangible. In the past, Kagai were ubiquitous throughout Japan. Today, the number of active Kagai is about 40. Furu-machi Kagai is a significant area, because the historic townscape, which is different from those in Kyoto or Kanazawa, is remained. Most traditional Kagai in comparatively large cities were lost by air raids in the Second World War. This study aims to clarify transition of distribution on buildings in Kagai at the period of 1930, 1958, 1972 and 2013.

     2. Overview and Methodology
     The gross area of Niigata is approximately 726 km2 and its population in 2015 is approximately 800,000. Niigata was originally established as a port-town and rebuilt on the present site in 1655. Furu-machi is located in the center of Niigata. In this study, field works, searching for old maps, interviews with experienced Geisha etc. were conducted.

     3. Transition of distribution on buildings in Furu-machi Kagai
     In 1930, Furu-machi was comprised of 17 Ryoriya, 27 Machiai, 98 Okiya.
     In 1958, there were 27 Ryoriya, 21 Machiai, 52 Okiya.
     In 1972, there were 27 Ryoriya, 18 Machiai, 48 Okiya.
     In 2013, there were 12 Ryoriya, 2 Machiai, 2 Okiya.
     Kagai buildings concentrate along the East and West Shin-michi street during the whole period.

     4. Conclusions
     1) Kagai buildings concentrate along the East and West Shin-michi street during the whole period.
     2) The number of Ryoriya is larger than Machiai from 1958 to 2013. But there are more Machiai than Ryoriya in 1930.
     3) The dense area of Okiya moved from the West Shin-michi to the East Shin-michi at the period between 1930 and 1958. Ryoriya was distributed on the entire area at the period between 1930 and 1958.
     4) A large number of Machiai and Okiya were changed into to modern eating and drinking businesses.
     5) East Shin-michi is regarded to be the most important area for townscape conservation and improvement.
  • 内山 大, 樋口 忠彦
    日本土木史研究発表会論文集
    1985年 5 巻 91-98
    発行日: 1985/06/25
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    港町新潟の町づくりが本格化するのは、元和2年 (1616) に堀直寄が長岡藩主になり、その支配を受けるようになってからのことと考えられる。それ故、本論では、これ以降の江戸時代の新潟を取りあげている。そして、そこにみられるいくつかの町づくりおよび町の特徴を取りだして報告している。第一は、白山神社を南の基点とし、日和山を北の基点に位置づけて、町づくりがおこなわれたのではないかということである。第二は、新潟の町割は1ブロック2行の短冊型の町割で、1行の奥行は約25間と推定され、各戸の敷地の間口は4間を基本にしていたと考えられることである。第三は、亨保と天保の地子高の資料により、当時の地価の状態をみると、信濃川から離れるほど低くなっていて、町の経済は信濃川に大きく依存していたことがわかることである。
  • 大日本窯業協會雑誌
    1902年 10 巻 117 号 357-368
    発行日: 1902年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 菅原 邦生, 波多野 純
    日本建築学会計画系論文集
    1998年 63 巻 506 号 133-140
    発行日: 1998/04/30
    公開日: 2017/02/02
    ジャーナル フリー
    A Study on the Arrangement process and Disappearance process of the Gangi Arcade in the Modem Ages. 1. In the early part of the Meiji Era the Gangi Arcade were arranged under various instructions from the prefectural governments that aimed at securing the alley function. Arrangement process of the Gangi Arcade had two types. (1) In the early part of the Meiji Era the Gangi Arcade were arranged in public land. (2) The Gangi Arcade had been arranged in private land since then. 2. The Gangi Arcade waned or disappeared. It was the following reasons. (1) Conflagrations (Aomori, Hachinohe, Niigata), (2) The urban planning after the Second World War (Hirosaki).
  • 北地 祐幸, 十代田 朗
    都市計画論文集
    2004年 39.3 巻 889-894
    発行日: 2004/10/25
    公開日: 2017/08/02
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究は、江戸期以降戦前までの、地方大都市における遊里・遊廓について、1)遊里・遊廓の都市内における空間構造及び、その変遷の実態を明らかにし、2)江戸期と、明治期以降ではそれらが都市域内においてどのような場所に立地し、また、都市構成要素及び他盛り場要素とどのような地理的関係にあったかについて明らかにする。その結果、江戸期の遊里は、政策的に配置されたものから、自然発生的なものが、追認されるという形で遊里化したものまで見られるが、多くの遊里はあらかじめ集客能力のある場所に立地し、それ以外の場合も芝居場所が併設し、相乗的な効果を計っていた。明治期以降の遊廓は、江戸期から存続するもの、政策的に移転するものが見られ、移転先では、遊廓以外の娯楽施設の発展が見られず、中心街に派生した花街周辺が盛り場化する傾向が認められる。江戸期に遊里のあった盛り場は、明治期以降、多くの都市でその場所を変えない事が認められ、遊廓あるいは花街が中心となって他娯楽要素と共に盛り場化するが、江戸期にその立地場所が、人の溜まる要素を持たない場合は、中心部に花街が発生し新たな盛り場として発展する例も見られる。と得られた。
feedback
Top