詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "見合い"
1,781件中 1-20の結果を表示しています
  • 石田 竹至, 中村 貞吾
    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集
    2016年 2016 巻 07-2A-04
    発行日: 2016/09/21
    公開日: 2018/02/16
    会議録・要旨集 フリー
    本研究では,モンテカルロ碁におけるプレイアウトからの新しい情報抽出を提案する.囲碁には,2点のうち少なくとも1点を先取すれば良い「見合い」という概念がある.囲碁上級者はこれを理解しており,「見合い」の考え方を囲碁プログラムに用いることで探索空間を大幅に削減してくれることが期待される.そこで,プレイアウトから2点を先取した場合の勝敗情報を抽出し,それらの情報を元に見合いを検出する手法を提案する.また,得られた見合い情報を用いてプレイアウトを改善し,性能を評価する
  • 丹羽 康之, 本木 久也, 西崎 ちひろ, 浦上 美佐子, 小林 充, 南 真紀子, 瀬田 剛広
    日本航海学会誌 NAVIGATION
    2016年 195 巻 112-
    発行日: 2016/01/01
    公開日: 2017/06/30
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 中村 将隆
    日本航海学会誌 NAVIGATION
    2015年 192 巻 92-
    発行日: 2015/04/01
    公開日: 2017/06/30
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 芳賀 繁, 鈴木 郁, 杉崎 昭生, 安田 克, 廣野 康平, 金城 智仁
    人間工学
    1996年 32 巻 Supplement 号 118-119
    発行日: 1996/04/10
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
  • 渕 真輝, 草加 大司郎, 藤本 昌志, 臼井 伸之介
    日本航海学会論文集
    2012年 126 巻 187-195
    発行日: 2012/03/25
    公開日: 2017/01/15
    ジャーナル フリー
    Recent investigations have demonstrated that cadet collision judgment times of action for avoiding collisions, as well as their methods for avoidance are inappropriate, and their recognition of distances were incorrect. In this study, we analyzed a cadet educational program for collision avoidance training, its features, and inspected the effects of the program. The effect of the educational program was inspected using a questionnaire. Cadets who participated in a ship training class were divided into a "Control group" and an "Educational group". The educational program was tested using only the "Educational group". The questionnaire was carried out before and after the ship training, and the results were compared. The results suggested the following: (1) The time of collision judgments tended to be influenced by the type of ship that the educational program was carried out in. (2) The educational group was more flexible in their choices for avoiding direction. (3) The knowledge about collision avoidance rules is unrelated to the educational program that we carried out.
  • 選好の進化アプローチによる説明
    毛塚 和宏
    社会学評論
    2017年 68 巻 2 号 194-212
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/09/30
    ジャーナル フリー

    本稿の目的は「個人主義の浸透により恋愛結婚が普及した」という個人主義仮説を, フォーマル・アプローチによって検討することで, 新たな理論的説明を提示することである.

    個人主義仮説は, 「家」や「分」を重視するような集団主義的な人々は見合い結婚を選択し, 自分の意思を尊重する個人主義的な個人は恋愛結婚を選択する, と仮定する. これに対して, 個人主義への志向と恋愛結婚の選択は必ずしも直結しない, という意識と行為の関連について批判がなされている.

    そこで, 本稿では「選好の進化」によるアプローチを用いることで, 意識と行為をそれぞれ独立に扱い, その単純ならざる関係を分析する. 個人主義の浸透プロセスを考慮した恋愛結婚の普及モデルを構築し, 意識と行為の時系列変化を捉える.

    その結果, 先行研究では想定されていなかった「慎重な個人主義」という行為パターン (選好) が析出した. 慎重な個人主義はある程度の階層維持を考慮に入れ, 見合い結婚・恋愛結婚を選択する. 恋愛結婚の普及に際して, この慎重な個人主義が, 見合い結婚中心的な社会の中で恋愛結婚を志向する選好を社会に涵養する, という重要な役割を果たすことが示唆された.

  • 桶川 泰
    フォーラム現代社会学
    2007年 6 巻 93-104
    発行日: 2007/05/26
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    恋愛を礼賛する声は明治初期において芽生え、大正期においてより一層勢いを持ち、花が開くようになった。ただよく知られているように、大正期では個人の自由な配偶者選択すら認められていない現実が存在していた。それでは、当時の社会において恋愛は如何にして既存の秩序に訓化させられていたのだろうか。本稿では、恋愛が礼賛されると同時に、既存の秩序との調和を取るのに適した恋愛観・結婚観が大正期、もしくはその次の時代の昭和初期に如何なる形で存在していたのかを分析することでそれらの「問い」を解き明かそうとした。分析の結果、恋愛の情熱的な側面を盲目的なものとして批判し、危険視していく「情熱=衝動的恋愛観」言説を中心にして、恋愛が既存の秩序に訓化させられていた。そうした恋愛観は、まず恋愛には理性が必要であることを強調し、そしてその理性的判断のためには両親の意見や承認が必要であるという論理を生み出していった。またその一方で、そうした恋愛観は一時的な情緒的満足や快楽によって成り立つ恋愛を否定し、恋愛は子孫、民族のために費やさなければならないという論理を生み出すことで「優生結婚」とも結びつきを見せるようになった。
  • 三宅 里奈, 福戸 淳司, 長谷川 和彦
    日本機械学会論文集C編
    2012年 78 巻 794 号 3408-3412
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/10/25
    ジャーナル フリー
    In near future, it is expected that many advanced support functions such as an automatic collision avoidance function will be installed to ships for upgrading navigation safety and efficiency. For the sake of evaluating the effect of these functions, experiences of the use of the functions are essential. Expert judgment based on the experience of the use of such newly developed functions is one of the best tool for evaluating their safety and efficiency. To reproduce the environment for making it possible to experience such system in a ship-handling simulator, we made a framework for introducing the advanced functions to all ships in the simulator. Then we introduced an automatic collision avoidance function to all ships to control them enabling proper manoeuvre in congested sea area including collision avoidance. To show the effectiveness of the function, we conducted a series of simulation runs using the function in congested sea areas. In this paper, after brief introduction of the automatic collision avoidance function, the results of simulation runs in congested sea areas and the effectiveness of the function are discussed.
  • 川口 順子, 稲石 正明, 杉崎 昭生
    日本航海学会論文集
    1996年 95 巻 17-23
    発行日: 1996/09/25
    公開日: 2017/01/15
    ジャーナル フリー
    It is an important solution to construct a lookout support picture recognition neural network system for navigation at sea in order to raise a ship operation support level. This paper is concerned with the recognition map development for a target ship's course estimation and for a target ship's situation estimation in nighttime. The neural network input data is navigation lights location's binary address which is calculated a result of lapped navigation environment picture over the recognition map. The authors have constructed four kind of recognition maps which have different concepts one another. Characteristics of the neural network systems which have the different recognition maps are analyzed and four guidelines of the recognition map building are given.
  • 上田 泰士
    計測と制御
    2015年 54 巻 2 号 131
    発行日: 2015/02/10
    公開日: 2015/05/26
    ジャーナル フリー
  • 泉 加代子
    一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集
    2017年 69 巻 P-111
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/07/08
    会議録・要旨集 フリー
    目的 1900年代後半に開発されたニュータウンでは、一斉に入居した世帯の子供が独立して親世代のみになり、高齢化率が極端に上昇する現象が起こっている。高齢者の増加に伴い暗い服装の住民が多くなり、活力が低下した地域をおしゃれで元気な町にすることを目指して、シニア・ファションショーを実施し、その効果を検討する。

    方法 2016年10月23日、滋賀県大津市のニュータウン(約1600世帯、人口:約3800人、高齢化率:約45% 2016年10月現在)の文化祭で、AKBG(A:明るい、K:華麗な、B:バアバ、G:ジイジ)ファッションショーを開催した。モデルは地域のコミュニティカフェの利用者とボランティア19名(男性2名、女性17名)で、衣装は洋裁教室と発表者のコレクションから着たい服をモデルに選んでもらった。本報では80歳以上のモデル7名について観察法により心理的変化や行動の変化を調査する。また、観客の反応を聞き取り調査する。

    結果 モデルは明るい色の衣装を好んで選んだ。Aさん(102歳、男性)は赤い帽子をかぶるとVサインをして「これから見合いせんならん。出演料30万円貰わんならん。」と発言し、モデル出演以降会話が増えた。Bさん(92歳、女性)はショーの前、上機嫌で知人に披露してまわり、ショーでは趣味のテニスのラケットを力強く振った。このような高齢モデルの元気な姿と笑顔、明るい衣装に観客も元気を貰ったと好評であった。
  • 善積 京子, 上子 武次, 原田 隆司, 門野 里栄子, 田中 正子, 佐藤 繁美
    ソシオロジ
    1992年 37 巻 1 号 98-104
    発行日: 1992/05/31
    公開日: 2017/02/15
    ジャーナル フリー
  • 長期反復調査データからの世代間比較
    大友 由紀子
    家族社会学研究
    1994年 6 巻 6 号 53-64,135
    発行日: 1994/07/25
    公開日: 2009/08/04
    ジャーナル フリー
    This paper seeks to explain the changing pattern of mate selection and marriage for successors of rural stem families, by comparing the behavior of mate selection and marriage among generations through repeat interviews conducted by panel survey in Katsunuma-cho, Yamanashi Prefecture. The findings are : (1) the style of marriage has changed from arranged marriage to love match, the geographical pool from which most selection occurs has widened; the decision maker in mate selection has changed from parents to the concerned parties themselves; (2) the family-oriented pattern of marriage which was populer before World War II has been replaced by an individual-oriented pattern after the war, under the impact of spreading democracy and a growing economy; (3) such changes in marriage patterns mean that the concept of a conjugal family has entered into the stem family. (4) The changes have happened so gradually over three generations that no precise point of departure in time could be identified; (5) a double standard between males and females has remained throughout these changes.
  • ―結婚研究の視点から,えひめ結婚支援センターを事例とした量的分析―
    小林 盾, 能智 千恵子
    理論と方法
    2016年 31 巻 1 号 70-83
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/08/06
    ジャーナル フリー
     この論文は,人びとが婚活(結婚のための活動)をするとき,どのような要因が結婚を促進したり阻害したりするのかを検討する.これまで,婚活について事例分析は豊富にあるが,計量分析がなかった.そこで,愛媛県の事業であるえひめ結婚支援センターを対象として,約4年間における登録者全員4,779人の推移をデータとした.結婚による退会のハザード率を従属変数としたイベント・ヒストリー分析をおこなった.その結果,(1)男性では,教育・正規雇用・収入という社会経済的地位が高いほど,結婚のチャンスが上昇した.女性では,これら社会経済的地位の効果がなかった.(2)年齢が若いほど,また結婚経験があるほど,男女ともに結婚チャンスが上昇した.(3)他に男性では,身長が高いほど結婚チャンスが上昇した.したがって,男性では働き方を中心とした地位(いわばスペック)が,女性では年齢が,結婚のおもな規定要因となっていた.実践的には,男女とも婚活をすこしでもはやくスタートさせることが重要であろう.
  • 伊部 直樹, 山下 淳, 淺間 一
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
    2014年 2014 巻 1P2-P03
    発行日: 2014/05/24
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 フリー
    In daily life, there are many bottlenecks such as narrow passages, gaps between objects and entrances to rooms. At the bottlenecks, humans go through by giving-way mutually, and it is necessary for robots working in daily life to give way. The purpose of this research is to develop the model capable of generating the give-way behavior by estimating a pedestrian intention. In this research, we introduce hierarchical intention to Social Force Model using quantum information theory.
  • 原  康平
    日本航海学会誌 NAVIGATION
    2017年 200 巻 58
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/04/13
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 南 真紀子, 庄司 るり
    日本航海学会論文集
    2015年 132 巻 136-141
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/07/01
    ジャーナル フリー
    In recent years, marine accidents hardly decrease. There are about 1000 marine accidents per year in Japan. From investigation data of Japan Transport Safety Board, we found out that marine accidents, especially collisions occurred at similar place and from similar cause. Therefore we made a Hazard map of marine accidents. It displays accident point on the map. Thus, a sea area in which many collisions frequently occurs can be known at a glance.
    In this study, we analysis an occurrence trend of collisions in Tokyo Bay and consider the utilization method of collision occurrence point information when making a navigation plan.
  • 鈴木 三郎
    日本航海学会論文集
    1982年 66 巻 173-180
    発行日: 1982/02/25
    公開日: 2017/01/15
    ジャーナル フリー
    It had been discussed many times that which rules of nautical road apply between a power-driven vessel which is under way but stopped and a power-driven vessel which is proceeding, so it seemed that it should apply "Good Seamanship Rules". Nevertheless the discussion has been come about recently that the relation on relative meeting shall apply between them, example "The Devotion II" and "The Tozai Maru". I achieved the conclusion with the following reasons that they shall apply the relation on relative meeting by logical interpretations, irrespective of grammatical interpretations. 1. Treating a power-driven vessel which is under way but stopped like a power-driven vessel which is proceeding in point of "Lights and Shapes" 2. Can't distinguish a power-driven vessel which is proceeding very very slowly into a power-driven vessel which is under way but stopped. 3. Don't exist the social reasonable facts which shall lighten any obligations. 4. A power-driven vessel which is under way but stopped shall observe "The Sailing Rules".
  • 結婚相談サービスに内包されたメカニズム
    鈴木 翔, 須藤 康介, 寺田 悠希, 小黒 恵
    理論と方法
    2018年 33 巻 2 号 167-181
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/03/28
    ジャーナル フリー

     本稿の目的は,大手の結婚相談サービス事業者であるX社の会員を対象にした調査から,学歴・収入・容姿が「成婚の可否」「異性からの選好されやすさ」「結婚相手のより好み」に与える影響を明らかにすることである.分析の結果,以下の三点が明らかになった.第一に,高学歴,高収入,高身長・低肥満といった客観的条件の多くは,男性の高収入を除き,成婚の確率を高めるとは言えない.第二に,男性では,高学歴,高収入,高身長・低肥満であるほど女性から選好の対象とされやすく,女性では,非大学院卒,高収入,低肥満であるほど男性から選好の対象とされやすい.第三に,男性では,高学歴,高収入,高身長・低肥満であるほどより好みしており,女性では,高収入,低肥満であるほどより好みをしている.つまり,結婚相談サービスを利用した婚活では,一般的な結婚とは異なり,学歴・収入・容姿で有利な条件を備えていることが成婚の可否へほとんど影響を与えておらず,これは,男女とも婚活市場における自身の価値に対応したより好みを行うというメカニズムが存在するためだと考えられる.

  • 榊原 愛, 内野 明子, 小林 弘明
    日本航海学会論文集
    2018年 138 巻 93-100
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/07/01
    ジャーナル フリー

    In collision avoiding maneuvers, the standard navigational procedures are stipulated by laws such as the International Regulation for Preventing Collisions at Sea. Based on such laws, well-experienced seafarers combine their normative approach they have developed through their experience in order to determine a corresponding course of action. Therefore, analyzing their procedures for avoiding collisions would provide us with valuable insights into judging the risk of collision with oncoming vessels. In addition, when reviewing such procedures, a rational basis for judging the risk of collision can be examined. With this in mind, the authors study well-experienced seafarers’ lookout procedures for collision avoiding situations methodically set up by a ship-handling simulator. Especially in this study, eye-tracking technology is additionally utilized for detailed analyzing of seafarers’ data gathering by their lookout procedures. Utilizing this technology enables concrete information for each encountering situation seafarers acquire by their visual inspections, radar observation and scanning with binoculars, to be revealed. The authors suggest such procedures would be beneficial when judging the risk of collision and would serve as a valuable perspective in education and training, teamwork.

feedback
Top