美術教育学:美術科教育学会誌
Online ISSN : 2424-2497
Print ISSN : 0917-771X
ISSN-L : 0917-771X
採用1年次の若手教員の図画工作科を含む実技教科授業の導入部における発話の有効性について
隅 敦
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 40 巻 p. 217-235

詳細
抄録

本研究では,「実技教科における導入部の教員の発話の質と量が,展開部における児童の活動を支えている」と仮説を立て,若手教員の1年次の実技教科授業のビデオ記録を基に質的データ分析ソフトを用いて分析した。その結果,「導入部充実型」と「導入部簡略型」に分類され,たとえ導入部の発話が簡略化されていたとしても,展開部において,評価観点に関わる「指示」や「質問」等の発話を行うことで,児童の活動を促し,「同意」の発話で評価が行われる場合があることなどが分かった。また,図画工作科においては,「導入部充実型」の授業を前提として行うことが必要であることが確認でき,教員養成の段階で導入部で有効な発話をすることができるように,講義内において模擬授業等を行いながら指導していくべきだと考えた。

著者関連情報
© 2019 美術科教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top