日本地理学会発表要旨集
2014年度日本地理学会秋季学術大会
セッションID: 102
会議情報

発表要旨
長野県佐久市における内水面養殖業の変容(2)
水田養魚に着目して
*児玉 恵理橋爪 孝介落合 李愉堀江 瑶子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

長野県佐久市では水田養魚という特徴的な内水面養殖業が行われ、養殖対象魚種は主にコイであった。戦後は米の収量が重視され、コイについても大型の切鯉が好まれるようになり、水田と養殖池は次第に分離した。生産面でも米は農家、コイは養殖事業者に分化した。こうした中、フナは水田での養殖(水田養鮒)が現在も行われており、農家の副業として継続されている。本研究ではフナに着目し、水田養魚の変容を明らかにすることを目的とする。














著者関連情報
© 2014 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top