日本補綴歯科学会誌
Online ISSN : 1883-6860
Print ISSN : 1883-4426
ISSN-L : 1883-4426
専門医症例報告
顕著な顎堤吸収を伴う欠損部に固定性インプラントを用いて審美性の改善を図った症例
高藤 恭子
著者情報
ジャーナル 認証あり

2024 年 16 巻 2 号 p. 283-286

詳細
抄録

症例の概要:患者は55歳女性.上顎前歯部のブリッジが脱離を繰り返していることから審美的ならびに機能的な改善を希望して当科に来院した.抜歯後の検査の結果,上顎前歯部の著しい骨吸収を認めたため,骨造成術を行い,その後にインプラントによる補綴処置を行った.

考察:現在のところインプラント周囲組織は良好であるが,角化粘膜が少ないことから,移植骨の吸収については注意深く経過観察を行っていく必要があると考えられる.

結論:自家骨と人工骨を併用することで水平的にも垂直的にも理想的な骨量が確保でき,より審美的で患者満足度の高い補綴処置が可能となった.

著者関連情報
© 2024 公益社団法人日本補綴歯科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top