自律神経
Online ISSN : 2434-7035
Print ISSN : 0288-9250
共催シンポジウム
鍼治療がストレス反応に及ぼす影響 —円皮鍼の基礎研究より—
砂川 正隆藤原 亜季池本 英志塚田 愛
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 56 巻 3 号 p. 150-154

詳細
抄録

鍼治療は,不安障害,抑うつ,双極性障害,睡眠障害などの精神的要因の関連する症状にも適応されている.オレキシンは視床下部で分泌される神経ペプチドで,種々の自律機能の調節に関与しているが,ストレス反応の制御にも関与している.我々は,ラット社会的孤立ストレスモデルを用い,精神的ストレスに対する円皮鍼の効果,ならび作用機序の検討としてオレキシンの関与を調べた.7日間の孤立ストレス負荷によって攻撃性,コルチコステロンの分泌が上昇し,またオレキシンの分泌も上昇した.しかしながら,百会穴への円皮鍼治療によっていずれの上昇も抑制された.円皮鍼はオレキシンの分泌抑制を介して,ストレス反応を抑制したと考えられる.

著者関連情報
© 2019 日本自律神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top