自律神経
Online ISSN : 2434-7035
Print ISSN : 0288-9250
教育講演3
グレリン-神経ペプチドY空腹系と人参養栄湯
―健康長寿に向けて―
乾 明夫小林 由基榊 弥香川元 美穂子藏薗 秀伍宇都 奈々美
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 57 巻 3 号 p. 165-171

詳細
抄録

グレリン-神経ペプチドY(NPY)空腹系は,個体や種族維持の根幹を担ってきた食欲・体重調節系であり,進化の長い歴史の中にあっては,飢えに応答する役割を有してきたと考えられる.グレリン-NPY空腹系はまた,健康長寿をもたらすカロリー制限の効果を介在するシステムでもある.近年,高齢化の進む我が国において,サルコペニア(骨格筋萎縮)を基礎としたフレイル(frailty)が注目されている.このフレイルの引き金になるのは食欲不振であり,グレリン-NPY空腹系の加齢によるシグナリングの低下が,その要因であると考えられる.漢方薬,とりわけ人参養栄湯は,グレリン-NPY空腹系を活性化し,フレイル病態への有用性が期待される.

著者関連情報
© 2020 日本自律神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top