失語症研究
Online ISSN : 1880-6716
Print ISSN : 0285-9513
イブニングセミナー:失行症の見方と高次動作性検査
観念運動失行と観念失行
—その問題点と鑑別診断について—
元村 直靖中西 千代美水田 秀子
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 16 巻 3 号 p. 254-257

詳細
抄録

観念運動失行と観念失行の定義,検査法および問題点について述べた。まず,観念運動失行と観念失行の定義,分類および検査法については,本稿では山鳥に従った。山鳥の分類では,観念運動失行では自動詞的運動と他動詞的運動が混在し,下位分類の可能性も示唆された。また,観念失行については,ほかの道具の使用障害をきたす病態との鑑別が必要になる場合があり,そのなかでも意味記憶障害と多感覚様式失認との鑑別は注意深い臨床観察により可能であると考えられた。

著者関連情報
© 1996 一般社団法人 日本高次脳機能障害学会 (旧 日本失語症学会)
前の記事 次の記事
feedback
Top