水産増殖
Online ISSN : 2185-0194
Print ISSN : 0371-4217
長野県浦野川におけるブルーギル幼魚の胃内容物
片野 修中村 智幸山本 祥一郎阿部 信一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 53 巻 2 号 p. 115-119

詳細
抄録

外来魚ブルーギルは日本全国の湖沼や河川に拡まっており, 水産有用魚種や生態系への影響が危惧されている。しかし日本の河川上中流域におけるブルーギルの生態についてはほとんど報告がない。著者らは長野県の千曲川の1支流である浦野川のAa-Bb移行型の河川形態区間で, 2003年の6月及び7月に75個体のブルーギルを電気ショッカーによって採捕した。すべてのブルーギルは岸から1m以内で採捕され, その空胃個体は75個体中8個体にすぎなかった。胃内容物充満度は平均0.63%で, 最大で2.86%に達した。ブルーギルは主にユスリカ科の幼虫を摂食し, そのほかカゲロウ科やトビケラ科の幼虫及び陸生昆虫を捕食していた。ブルーギルの食性は浦野川の在来魚の何種かといちじるしく重複していた。ブルーギルは河川の魚類群集に負の影響を与えると考えられ, 根絶される必要がある。

著者関連情報
© 日本水産増殖学会
前の記事 次の記事
feedback
Top