バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
3部 スポーツ
熟練者と未熟練者の比較によるクイックリフトトレーニング動作時における力発揮メカニズムの検討
長尾 秀行山田 洋小河原 慶太有賀 誠司小金澤 鋼一
著者情報
ジャーナル フリー

23 巻 (2016) p. 161-172

詳細
PDFをダウンロード (1495K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は, 力発揮能力改善を目的としたトレーニングであるクイックリフト (以下QL) 動作時の力発揮特性とそのメカニズムを検討することである. 代表的なQLであるパワークリーンを対象に挙上重量が大きい者と小さい者各6名の動作分析の結果, 最大挙上重量が大きい者は, 下肢関節最大トルクとセグメント間のエネルギの流出入量が大きく, 特有の反動動作が見られた. さらに, 最大挙上重量が大きい者と小さい者各10名の筋電図分析と動作分析の結果, 挙上重量が大きい者と小さい者間の下肢関節伸展筋の筋活動度は同等で, 屈筋と伸筋の筋活動から推定した関節剛性と関節トルク立ち上がり速度は挙上重量が大きい者の方が反動動作の前後において大きな値を示した. このことから, QL時の大きな力発揮には下肢関節の剛性を巧みに制御し, エネルギ伝達の効率化を図る必要があることが示された.

著者関連情報
© 2016 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • [次回のバイオメカニズム・シンポジウム予定]
    ■ 
    第26回バイオメカニズム・シンポジウム
    【日程】2019年
    7月5日(金)~7日(日)
    【場所】
    八ヶ岳ロイヤルホテル(山梨県北杜市)
    【実行委員長】持丸 正明(産業技術総合研究所)
    【テーマ】未定

関連ジャーナル
feedback
Top