バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
3部 スポーツ
ランナーの状況判断を伴うゴロ捕球時の視覚探索
大田 穂岩間 圭祐木塚 朝博
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 23 巻 p. 173-182

詳細
抄録

球技の実戦的な場面においては, ボールを処理することのみでなく, ほぼ同時に周囲の状況に関する情報を獲得して状況判断を行うことが要求される. このような場面においては, ボールや周囲の状況に関する複数の視覚情報をどのように獲得しているのだろうか. 本研究は, ランナーの状況判断を伴うゴロ捕球時における守備者の視線を評価した. その結果, 状況判断が早いほど, ボールから早く視線を離してゴロ捕球をし, ランナーに視線を向けずに状況判断をしていた. 本研究より, 状況判断を伴うゴロ捕球時に, 正確に捕球できるだけでなく状況判断が早く正確なパフォーマンスを示す守備者ほど, 周辺視野を活用してボールとランナーに関する視覚情報を同時に獲得する視覚探索をしていることが示唆された.

著者関連情報
© 2016 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事
feedback
Top