バイオメカニズム
Online ISSN : 1349-497X
Print ISSN : 1348-7116
1部 バイオメカニクス
走行と歩行の動作様式の違いが足部ウィンドラス機構におよぼす影響
高林 知也江玉 睦明横山 絵里花徳永 由太久保 雅義
著者情報
ジャーナル フリー

23 巻 (2016) p. 67-73

詳細
PDFをダウンロード (719K) 発行機関連絡先
抄録

ウィンドラス機構 (WM) とは歩行時の蹴り出し時の推進力を生み出す足部機能のひとつであり, 効率的な歩行を実現するために重要な役割を担っている. しかし, 走行におけるWMはいまだ明らかとなっていない. 本研究は, 走行と歩行の動作様式の違いがWMにおよぼす影響を検証した. 対象は健常成人男性9名とし, 課題動作はトレッドミル上での走行と歩行とした. 解析項目として, WMの指標である内側縦アーチ角度と母趾背屈角度を立脚期で算出した. 走行と歩行で内側縦アーチ角度最小値は変化がみられなかったが (157.4±6.0°, 156.9±4.9°), 走行は歩行と比較して母趾背屈角度ピーク値が有意に低値を示した (32.9±7.3°, 39.9±9.0°; p<0.05). 本研究結果より, 走行時のWMの役割は限局的である可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2016 バイオメカニズム学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • [次回のバイオメカニズム・シンポジウム予定]
    ■ 
    第26回バイオメカニズム・シンポジウム
    【日程】2019年
    7月5日(金)~7日(日)
    【場所】
    八ヶ岳ロイヤルホテル(山梨県北杜市)
    【実行委員長】持丸 正明(産業技術総合研究所)
    【テーマ】未定

関連ジャーナル
feedback
Top