脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
新評議員
くも膜下出血急性期脳損傷のメカニズム
遠藤 英徳冨永 悌二
著者情報
ジャーナル フリー

25 巻 (2014) 2 号 p. 81-84

詳細
PDFをダウンロード (1480K) 発行機関連絡先
抄録

くも膜下出血(SAH)の病態において,発症急性期脳損傷のメカニズムが近年注目されている.我々は,齧歯類SAH モデルを用いて,酸化ストレスの減少がAkt/GSK3β 生存シグナルの活性化を介してSAH 後の急性期脳損傷を軽減することを示した.また,実際のSAH 臨床例において,MRI 拡散強調画像が急性期脳損傷の検出に有用であり,治療後の転帰予測も可能であることを報告した.SAH 後の急性期脳損傷は転帰に大きな影響を及ぼすことから,新たな治療ターゲットとして治療方法を模索していく必要がある.

著者関連情報
© 2014 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top