脳循環代謝(日本脳循環代謝学会機関誌)
Online ISSN : 2188-7519
Print ISSN : 0915-9401
新評議員
PET による脳循環代謝計測および分子イメージング
岡沢 秀彦
著者情報
ジャーナル フリー

25 巻 (2014) 2 号 p. 85-90

詳細
PDFをダウンロード (4477K) 発行機関連絡先
抄録

ポジトロンCT(PET)は,開発当初から脳循環代謝計測に用いられ,ヒト脳機能計測の代表的なモダリティーであった.近年脳賦活検査が機能的MRI (fMRI)で行われるようになり,刺激に伴う脳活動の定量的変化はMRI で主に計測されるようになったが,脳血流量やエネルギー代謝の定量測定は,依然脳PET が主役といえる.2000 年代に入り,受容体・トランスポーターイメージングが一般臨床でも用いられるようになり,分子イメージングが脚光を浴びている.高齢化社会の到来とともに認知症診断の重要性が増し,アミロイドイメージングによるアルツハイマー病診断等,臨床診療における脳PET 検査の意義が,今後益々高まっていくものと期待される.脳PET 検査,とくに定量検査の進歩を振り返るとともに,今後どのように使われていくのか,その展望を総括しておくことは,生体脳機能イメージングの今後の方向性を考える上でも重要と思われる.

著者関連情報
© 2014 日本脳循環代謝学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top