日本畜産学会報
Online ISSN : 1880-8255
Print ISSN : 1346-907X
ISSN-L : 1880-8255
一般論文(原著)
適温または高温環境下のホルスタイン種育成雌牛における代謝エネルギーの維持要求量および成長に対する利用効率
野中 最子田鎖 直澄樋口 浩二渡辺 直人Witthaya SUMAMAL永西 修栗原 光規寺田 文典
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 87 巻 2 号 p. 115-123

詳細
抄録

ホルスタイン種育成雌牛34頭による延べ74例のエネルギー出納成績を基に,適温環境下の育成前期(10ヵ月齢,20℃)および後期(18ヵ月齢,20℃),並びに高温環境下の育成前期(9ヵ月齢,30℃)における維持に要する代謝エネルギー量(MEm)および代謝エネルギーの成長に対する利用効率(kg)を比較解析した.(1)代謝エネルギー摂取量および蓄積エネルギー量による回帰分析を行ったところ,適温環境下育成前期雌牛では,MEmは538kJ/BW0.75,kgは46%,適温環境下育成後期雌牛では,505kJ/BW0.75,52%,高温環境下育成前期雌牛では,529kJ/BW0.75,56%であった.3者間のMEmには差はなく,平均で524kJ/BW0.75であった.一方,高温環境下育成前期雌牛のkg 56%および適温環境下育成後期雌牛の52%は,適温環境下育成前期雌牛の46%と比較して高かった.(2)体タンパク質および体脂肪として蓄積する代謝エネルギー量を推定したところ,適温環境下前期牛と比較して,適温環境下後期牛および高温環境下前期牛のエネルギー蓄積量および体脂肪蓄積量は多かった.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本畜産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top