ケモインフォマティクス討論会予稿集
第40回ケモインフォマティクス討論会 山口
会議情報

口頭発表
理論計算と反応速度論シミュレーションを⽤いた薬剤の加⽔分解安定性評価
*⼭⼝ 徹眞⽥ 昭平隅本 倫徳堀 憲次
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. O8-

詳細
PDFをダウンロード (1287K) 発行機関連絡先
抄録

薬剤の安定性試験に際し、分解反応に対する理論的な予測データを得られれば有⽤である。本研究では、アスピリンの加⽔分解反応に対し理論的解析と⾃由エネルギーを⽤いた反応速度論シミュレーションを⾏った。B3LYP/6-311+G(d,p)//B3LYP/6-31G(d)レベルの反応解析の結果、アスピリンは⽔2 分⼦によるプロトン移動を介してΔG‡=27.2 kcal/mol で分解されると計算された。これを⽤いた反応速度論シミュレーションの結果、温度37℃、湿度42%条件下での6 ヶ⽉⽬の分解率の実測値0.083%に対し、計算値0.091%と⾮常に良い⼀致を得た。また、湿度30〜100%での広い範囲のシミュレーションを実施し、温度60℃、湿度30%条件下でも実測値と⾮常に良い⼀致を得た。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top