臨床神経学
Online ISSN : 1882-0654
Print ISSN : 0009-918X
症例報告
ニボルマブ投与後に筋炎合併重症筋無力症を発症した1例
此枝 史恵鈴木 重明西本 祥仁星野 晴彦高木 誠
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 57 巻 7 号 p. 373-377

詳細
抄録

症例は74歳女性.2014年に進行直腸癌を指摘され直腸離断術を受けたが,残存病変に対する化学療法が副作用のため継続困難となり放射線療法のみで経過観察となっていた.2016年4月に他院で通常より低用量のニボルマブが開始された.ニボルマブの最終投与から約2週間の経過で近位筋優位の筋力低下・筋痛,眼瞼下垂,嚥下障害,呼吸苦が出現した.ニボルマブによる筋炎合併重症筋無力症と考え各種免疫療法を行い症状の改善がみられた.ニボルマブ投与開始から短期間のうちに発症し,従来知られているものとは違い急速に呼吸筋障害をきたすなど重症化する傾向があり,コンサルテーションをうける神経内科医には迅速な対応が求められる.

著者関連情報
© 2017 日本神経学会
前の記事 次の記事
feedback
Top