J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本認知心理学会第10回大会
セッションID: P1-4

記事言語:

http://doi.org/10.14875/cogpsy.2012.0_40

ポスター発表1(思考・言語/発達・教育・学習)
主催: 日本認知心理学会
  • 抄録

日本語オノマトペの表記においては、ひらがなを用いるかカタカナを用いるかという表記形態の選択においてある程度の自由が許容されている。一方、認知心理学的知見は、表記形態がオノマトペの認知過程に影響を及ぼすことを明らかにしている。そこで本研究では、触感を表すオノマトペについて、表記形態の主観的評定データの収集を行った。大学生30名に、19種のオノマトペを提示しそれぞれがひらがな・カタカナのどちらで書かれることが多いか、5件法で評定を求めた。その結果、一定のゆれがあることが認められた。そこで探索的因子分析を行ったところ、硬い触感と柔らかい触感との2因子に分かれ、後者のほうがひらがな表記されやすい傾向が示された。また、調査対象者を日常的な読書量の多寡で2群に分けて回答を比較したところ、評定値に有意差は認められず、主観的表記頻度は全般的な接触量に左右されるものではないことが示唆された。

Copyright © 2012 日本認知心理学会

記事ツール

この記事を共有