カウンセリング研究
Online ISSN : 2186-4594
Print ISSN : 0914-8337
ISSN-L : 0914-8337
資料
うつ病への症状認知および援助の有効性の認知と援助要請の関連 ―うつ病のヴィネットを用いた研究―
永井 智
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 52 巻 3 号 p. 107-119

詳細
抄録

本研究の目的は,うつ病に対する症状認知および援助の有効性の認知が,うつ病における援助要請および援助要請を勧める意図に与える影響を検討することである。大学生362名が,抑うつ症状の記載された事例を読んだ上,症状への認知や援助の有効性,援助要請意図,援助要請を勧める意図,統制変数として抑うつ,ソーシャルサポートを尋ねる質問に回答した。その結果,援助要請意図,援助要請を勧める意図ともに,援助の有効性が最も影響を与えていた。また,専門家への援助要請を勧める意図に対しては,うつ病であるとの認識が正の影響を与えていた。さらに援助要請意図のみ,改善可能性が影響を与えていた。以上から,自身の援助要請意図と援助要請を勧める意図との間には,異なるメカニズムが存在することが示唆された。

著者関連情報
© 2020 日本カウンセリング学会
次の記事
feedback
Top