臨床リウマチ
Online ISSN : 2189-0595
Print ISSN : 0914-8760
ISSN-L : 0914-8760
誌上ワークショップ 臨床医家に必要なリハビリテーションの実際
日常の疼痛を軽減する物理療法,下肢装具
三浦 雅史川口 徹渡部 一郎
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 23 巻 3 号 p. 228-232

詳細
抄録

   関節リウマチ(以下,RA)のリハビリテーションを阻害する主症状としては「疼痛」が挙げられる.この疼痛はRAに伴う関節炎や関節破壊による関節変形や関節不安定性,そして一定期間を経て進行する変形性関節症が挙げられる.また,疼痛による不動すなわち廃用症候群が筋萎縮を引き起こし,結果的に日常生活動作(以下,ADL)のような低負荷の動作においても筋痛が発生する.その結果,リハビリテーションプログラムが滞ってしまうことも少なくない.
   疼痛を改善させるためのリハビリテーション技術としては物理療法がある.物理療法は,生体に物理的刺激(温熱,寒冷,レーザー,マッサージ等)を加え,疼痛を軽減させる方法である.また,RAの疼痛が関節に起因する場合や下肢のような荷重によって発生する場合には関節の保護,補強等の目的で装具療法も頻繁に用いられる.
   本稿では,特にRAの疼痛軽減を目的とした物理療法,装具療法について紹介する.

著者関連情報
© 2011 一般社団法人日本臨床リウマチ学会
前の記事 次の記事
feedback
Top