コンクリート工学論文集
FRCCにおけるアラミドおよびPP単繊維の抜出し挙動と架橋則の構築
橋本 裕子牟 雨山田 大金久保 利之
著者情報
ジャーナル フリー

28 巻 (2017) p. 103-111

詳細
PDFをダウンロード (11775K) 発行機関連絡先
抄録

著者らがPVA繊維および鋼繊維に対して検討してきている繊維補強セメント複合材料(FRCC)の架橋則の構築方法が異なる繊維種類に対しても可能であるか検討するため,アラミド繊維およびポリプロピレン(PP)繊維を対象として,単繊維抜出し挙動の把握と架橋則の構築を行い,一軸引張試験結果との比較を行った。単繊維引抜試験より,付着長(埋込長)の増大に伴う引抜荷重およびすべり量の増加,両者に対するスナビング効果が確認された。繊維が損傷して荷重が低下する場合には,配向角が大きいほど損傷時荷重は小さくなった。それぞれの繊維に対して単繊維抜出し挙動のモデル化を行い構築した架橋則により,各FRCCの一軸引張試験結果の挙動を概ね再現できた。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本コンクリート工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top