コンクリート工学論文集
コンクリート構造物の炭酸化進行における雨掛り等の環境条件の影響とその進行メカニズムの検討
伊代田 岳史本名 英理香
著者情報
ジャーナル フリー

28 巻 (2017) p. 113-122

詳細
PDFをダウンロード (3566K) 発行機関連絡先
抄録

実構造物の炭酸化の進行は,使用するセメントや材料,配(調)合に代表される材料要因および立地環境である温度・湿度や炭酸ガス濃度と雨掛りなどの環境要因が大きく影響することは知られている。本研究では,特に高炉セメントを用いて建設され50年程度経過した構造物の中性化速度を促進中性化試験結果と比較して,環境の影響を整理した。加えて化学分析を使用して高炉コンクリートの炭酸化進行メカニズムについて検討を加えた。その結果,炭酸化の進行には雨掛りの影響が著しく大きいこと,pHと炭酸カルシウムの生成には関係が認められること,環境ごとに炭酸化の進行メカニズムが異なることなどが明らかとなった。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本コンクリート工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top