日本作物学会中国支部研究集録
Online ISSN : 2433-2968
Print ISSN : 0913-4670
アマランサスの導入と栽培(消費者ニーズに対応した作物生産)
中野 尚夫石田 喜久男村岡 一彦
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 31 巻 p. 19-20

詳細
抄録

アマランサスは、タンパク質含量の高い作物で、最近ではアレルギー性疾患回避にも効果があると注目されている。アマランサスはヒユ科ヒユ属の総称で、穀実用として注目されているAmaranthus hypochondriacus. A. caudatus, A. cruentusはいずれも中南米起源の作物と考えられている。中南米では、これら3種が紀元前5000〜3000年頃から栽培され、スペイン人が新大陸に上陸した16世紀にはトウモロコシ、インゲンマメとならんで主要な食糧であった。その後19世紀初頭にインド、アフリカに伝えられ、日本にも明治初頭に渡来し、東北地方において救荒作物として利用されていた。今日では、中南米での栽培は少なく、主要な栽培地はインド北部、ネパールとなっている。岡山農試では、水田転作作物探索の一環として1989年からその栽培利用の可能性を検討している。本報告では、1989年における栽培特性の検討結果を紹介する。

著者関連情報
© 1990 日本作物学会中国支部
前の記事 次の記事
feedback
Top