Drug Delivery System
Online ISSN : 1881-2732
Print ISSN : 0913-5006
ISSN-L : 0913-5006
特集 “バイオ医薬とDDS”  編集:武田真莉子
ナノゲル抗原DDSによる免疫療法抵抗性がんの克服に向けて
原田 直純村岡 大輔珠玖 洋秋吉 一成
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 35 巻 1 号 p. 64-69

詳細
抄録

がん治療用ワクチンでは、主要なリンパ器官(リンパ節や脾臓など)に局在する抗原提示細胞(樹状細胞やマクロファージ)にワクチン抗原を高効率かつ適切なタイミングで送達することが、ワクチンによる免疫応答誘導に極めて重要である。筆者らは、コレステロール置換プルラン(CHP)ナノゲルを抗原デリバリーシステムとしたがん治療ワクチンの有用性を示してきた。また、CHPナノゲルを利用した腫瘍内マクロファージの機能調節技術を開発し、腫瘍微小環境を制御することで、免疫チェックポイント阻害抵抗性がんに対するがん免疫療法の効果を顕著に増強し得ることを見出した。

著者関連情報
© 2020 日本DDS学会
前の記事 次の記事
feedback
Top