日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
原著
10%尿素製剤の先発医薬品と後発医薬品におけるヒトでの保湿効果の検討
大谷 道輝野澤 茜大谷 真理子松元 美香山村 喜一江藤 隆史
著者情報
ジャーナル 認証あり

2013 年 123 巻 12 号 p. 2263-2267

詳細
抄録

保湿剤の先発医薬品と後発医薬品の効果の差を健常人15名で乾燥皮膚モデルを用いて試験を行った.10%尿素製剤のクリームの先発医薬品と後発医薬品を1日2回10日間塗布し,角層中水分量を比較した.その結果,後発医薬品の1品目が他の先発医薬品および後発医薬品に比べ,有意に水分量が増加した.皮膚外用剤では後発医薬品の使用は先発医薬品と効果が異なることを考慮すべきであるが,尿素製剤では後発医薬品は先発医薬品と同等あるいはより効果が高い製剤があることが示された.

著者関連情報
© 2013 日本皮膚科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top