栄養学雑誌
Online ISSN : 1883-7921
Print ISSN : 0021-5147
自然, 慣行両農法で生産した魚沼産コシヒカリの米の食味比較について
力石 サダ志賀 康造金子 精一
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 54 巻 6 号 p. 377-382

詳細
抄録

自然農法と慣行農法によって栽培した米の品質について, 官能検査と機器分析によって検討し, 次の結果を得た。
1) 官能検査結果は, 自然農法米は香りを除き, 外観, 味, 粘りの評点が慣行農法米を上回り, おいしい米と立証できた。
2) 機器分析結果では, 自然農法米はアミロース, たんぱく質の値が小さく, このことは粘りのある食味のよい米であることを示していた。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人日本栄養改善学会
前の記事
feedback
Top