E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
降水域の広がりに着目した東京とその周辺域における夏季強雨発現の地域特性
岡 暁子高橋 日出男中島 虹鈴木 博人
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 14 巻 1 号 p. 233-245

詳細
抄録

本研究では,東京都と埼玉県を主な対象とし,15年間の夏季(6~9月)における,稠密な降水量観測網(290地点)の時間降水量データを用いて,降水域(≧5 mm/h)の局地性と広域性に着目して強雨(≧20 mm/h)発現の地域的な特性を解析した.その結果,関東山地東麓と都区部西部や北部で局地的強雨の頻度が高く,それによる降水量も多い.全強雨に占める局地的強雨の頻度割合は,都区部北部から埼玉県東部で大きく,総降水量への寄与も大きい.一方,関東山地や埼玉県西部,多摩地域では広域的な降水に伴う強雨の頻度や降水量が多い.また,南風時に都心の数十km風下側の埼玉県東部で夏季を通して局地的強雨の頻度割合が大きいことに関し,強雨発現と風系との関係を調べた.局地的強雨には基本的に風の収束が関与しており,いわゆるE-S型風系だけでなく,関東平野内陸からの北風に伴う収束や,相模湾からの南風と東京湾からの南東風との収束も重要と考えられた.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top