E-journal GEO
Online ISSN : 1880-8107
ISSN-L : 1880-8107
調査報告
熊谷市の小・中学校における熱ストレスによる保健室来室者割合の地域性―来室者割合と気温・湿度との関係に関する定量的把握の試み―
重野 拓基澤田 康徳埼玉県熊谷市政策調査課
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 15 巻 1 号 p. 1-13

詳細
抄録

本研究では,夏季の高温が顕著である熊谷市を対象とし,熱ストレスにより保健室に来室した児童生徒の割合の地域性を明らかにした.さらに,在校時(8~18時)の最高気温・湿度と来室者割合との関係を明らかにすることを試みた.来室者割合と各地点の全地点平均からの湿度差との相関係数はr=0.43で有意であったが,気温差との相関係数はr=-0.06で有意でなかった.来室者割合が大きい地点は,市北東部~南西部に認められた.これらの地点では全地点平均より平均的に湿度が高く,気温差は小さい地点が多い.市北東部~南西部の土地利用が水田であることから,児童生徒の熱ストレスによる身体的不調には,学区の土地利用に関係した湿度の影響が大きい可能性がある.児童生徒の熱中症やそれに至る熱ストレスによる身体的不調を予防するためには,学区スケールの暑熱環境の把握が重要であると考えられる.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本地理学会
次の記事
feedback
Top