学会誌JSPEN
Online ISSN : 2434-4966
症例報告
嚥下内視鏡検査を積極的に用いて摂食嚥下リハビリテーションを行った気道熱傷患者の1例
常峰 かな東別府 直紀西岡 弘晶
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2021 年 3 巻 5 号 p. 308-312

詳細
抄録

要旨:気道熱傷患者は摂食嚥下障害のリスクが高いが,その評価や摂食嚥下リハビリテーションに関する報告は少ない.症例は61歳,男性.201X年Y月,顔面に油を受け,熱気を吸い込んだことによる気道熱傷が疑われ,気管挿管,人工呼吸管理を受けた.外見の熱傷は軽度であったため抜管後に経口摂取を試みたが,嚥下困難の訴えがあったため,NST摂食嚥下チームが介入した.嚥下内視鏡検査(videoendoscopic examination of swallowing;以下,VEと略)により咽喉頭の器質的異常や誤嚥を認め,重度の摂食嚥下障害と判断した.定期的にVEを行いながらその所見を参考に嚥下リハを行い,約50日で全量経口摂取が可能となった.気道熱傷では,外見上熱傷が軽度でも重度の嚥下障害を呈している可能性があり,VEにより器質的異常や誤嚥リスクを評価し,嚥下リハの方針を立てる必要があると思われた.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人日本臨床栄養代謝学会
前の記事 次の記事
feedback
Top