電気泳動
Online ISSN : 2189-2636
Print ISSN : 2189-2628
ISSN-L : 2189-2636
総説
清涼飲料製造におけるMALDI-TOF-MSを利用した微生物同定
青山 冬樹
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 61 巻 2 号 p. 145-148

詳細
抄録

近年,新しい迅速微生物同定の手法としてMALDI-TOF MS(マトリックス支援レーザー脱離イオン化飛行時間型質量分析)を用いた方法が使われ始めている.菌体より簡単な抽出を行い測定し,検出される質量電荷比のスペクトルをフィンガープリントとして比較し同定する手法である.本方法の大きな利点として操作が非常に簡便で,特殊な技能がいらず,迅速性が高いため,同定結果を得るまでに10–20分程度しか要しないため,近年では食品・飲料製造会社には導入が進んでいる.清涼飲料水の製造において管理の必要な耐熱性好酸性芽胞形成細菌Alicyclobacillus属,高温性嫌気性芽胞細菌のMoorella属やThermoanaerobacter属などに関して公定機関から購入した菌株や,野生株を用いてデータベースを構築した.作成したデータベースを用いることによりこれら細菌が種レベルで迅速に同定が可能となることが分かった.得られる同定結果は従来の一般的な同定手法である16S rDNA解析と同程度の精度があり,非常に有用な手法であると考えられた.

著者関連情報
© 2017 日本電気泳動学会
前の記事 次の記事
feedback
Top