J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

ファルマシア
Vol. 53 (2017) No. 11 p. 1077-1081

記事言語:

http://doi.org/10.14894/faruawpsj.53.11_1077

最前線

近年の腸内細菌分析法の発展により,腸内細菌叢の乱れ(dysbiosis)と様々な疾患との関連が明らかになってきた.潰瘍性大腸炎(UC)もdysbiosisの関与が疑われる疾患の一つであり,dysbiosisを是正する手段として便移植(FMT)に注目が集まっている.しかし,UCに対するFMTの有効性は未だ確立されていない.本稿ではUCに対するFMT,特に抗菌薬療法(AFM療法)をFMTの前治療として併用する抗菌薬併用便移植療法(A-FMT)について概説する.

Copyright © 2017 The Pharmaceutical Society of Japan

この記事を共有