ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
トピックス
コレステロールはトランスポーターを介してmTORC1活性を調節する
木村 徹
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 53 巻 12 号 p. 1214

詳細
抄録

コレステロールは生体膜の必須構成要素であり,細胞の増殖過程で必要とされるコレステロールの生合成と取り込みは様々な機構を介して調節されている.食餌性コレステロールは,主に低密度リポタンパク質(LDL)として受容体介在性エンドサイトーシスにより細胞内へ取り込まれる.その後,リソソーム内腔で分解を受け,フリーとなったコレステロールは,ニーマン・ピックC1(NPC1)とNPC2により細胞質内へと排出され,様々なオルガネラ膜へと選別を受ける.
リソソームは,増殖調節因子mechanistic target of rapamycin complex 1(mTORC1)の活性化される場所でもある.アミノ酸などの栄養シグナルはRag GTPaseを介してmTORC1を活性化し,細胞増殖を促すことが知られている.また,mTORC1は脂肪酸やステロールの合成を誘導し,増殖過程の細胞におけるLDLの取り込みを亢進させることも知られている.一方で,食餌性のコレステロール自身もmTORC1を活性化する役割を有すると考えられてきたが,mTORC1が食餌性コレステロールをどのように感知しているのかは不明であった.本稿では,リソソーム内のコレステロールがアミノ酸輸送体でアルギニンセンサーとして機能するSLC38A9とNPC1による複合体を介して,mTORC1の活性化と増殖シグナルを制御するということを報告したCastellanoらの研究成果を紹介する.
なお,本稿は下記の文献に基づいて,その研究成果を紹介するものである.
1) Espenshade P. J. et al., Annu. Rev. Genet., 41, 401-427(2007).
2) Krall A. S. et al., Nat. Commun., 7, 11457(2016).
3) Düvel K. et al., Mol. Cell, 39, 171-183(2010).
4) Castellano B. M. et al., Science 355, 1306-1311(2017).

著者関連情報
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top