ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
話題
うつに有効な鍼灸のツボとその作用機作に関する考察
木村 真梨
著者情報
キーワード: 鍼灸, うつ, つぼ
ジャーナル フリー

2017 年 53 巻 7 号 p. 699-701

詳細
抄録

近年鍼灸の臨床効果が世界各国で科学的に解明されようとしている。うつに対する鍼灸治療の効果としては筋緊張の緩和、免疫の活性化、前頭葉の活動や自律神経の調整、オキシトシンの分泌を促し、セロトニンの分泌を増加させる等、不安やストレス軽減にも寄与することが明らかになってきた。本稿では、最近の鍼灸の基礎・臨床研究の現状を紹介するとともにうつに有効なツボや東洋医学の理論について概説する。

著者関連情報
© 2017 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top