ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
セミナー
不良ミトコンドリア分解を司るParkinとPINK1
山野 晃史
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 56 巻 1 号 p. 16-20

詳細
抄録

マイトファジーは、ユビキチンとオートファジーが協調的に働き、機能不全に陥った「不良」ミトコンドリアを選択的に分解・除去するシステムである。遺伝性パーキンソン病の原因遺伝子産物であるParkinおよびPINK1がマイトファジーの誘導に必須であることが解明されたのを皮切りに、マイトファジーの研究はこの10年で飛躍的に進展した。本稿ではParkinおよびPINK1の機能と、それらによって駆動されるマイトファジーの分子機構について、その発見の経緯を交えて紹介したい。

著者関連情報
© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top