ファルマシア
Online ISSN : 2189-7026
Print ISSN : 0014-8601
ISSN-L : 0014-8601
ミニ特集 最前線
緑膿菌由来の2つの膜を貫く巨大な排出ポンプMexAB-OprMの構造
堤 研太山下 栄樹
著者情報
ジャーナル 認証あり
電子付録

2020 年 56 巻 6 号 p. 504-508

詳細
抄録

内膜・ペリプラズム・外膜と異なる環境下に存在する構成タンパク質が巨大な複合体を形成し機能するRND型多剤排出ポンプは,グラム陰性菌の多剤耐性化の主要な要因の1つである.院内感染菌の1つとして知られる緑膿菌において, 恒常的に発現し幅広い系統の薬剤を排出する最も主要なポンプがMexAB–OprMポンプである.このポンプの立体構造から明らかになった薬剤排出機構について述べる.

著者関連情報
© 2020 The Pharmaceutical Society of Japan
前の記事 次の記事
feedback
Top