日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
総説
『ロス(ROS)を産む七つの罪(財)源』 活性酸素産生酵素NADPHオキシダーゼ―その多彩な発現調節と薬物治療への応用の可能性―
勝山 真人
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 142 巻 6 号 p. 285-290

詳細
抄録

NADPHオキシダーゼは食細胞において同定されたスーパーオキシド(O2)産生酵素であり,感染微生物の殺菌に重要な役割を果たす.O2は食細胞以外でもNADPH依存的に産生されるが,この十数年の間に,非食細胞型NADPHオキシダーゼが相次いで同定された.その触媒サブユニットNOXには,NOX1からNOX5までの5種類と,関連酵素であるDUOX1とDUOX2の計7種類のアイソフォームが存在する.各アイソフォームはそれぞれ活性発現に必要な共役サブユニットや組織分布が異なっており,遺伝子改変マウスを用いた解析の結果,それぞれ独自の生理機能をもつことが明らかとなりつつある.本総説では主に各NOXアイソフォームの発現調節機構について紹介し,薬物治療への応用の可能性についても言及する.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 日本薬理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top